なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

OSAKA淀川ウルトラマラソン完走記2015 ~伝説のサブ9~

time 2015/03/31

2015年3月、ウルトラマラソン界に激震が走る(多分)!
その中心は、何と言っても第1回OSAKA淀川ウルトラマラソン!

なんと3月の涼しい時期に川原を100キロ走るという大会です。
東京・柴又100キロがあると言えばありますが、あちらは6月開催でかなり暑く、砂利道途中で砂利道もあるし、走りにくい。
これはいける、と思いました。
何がいけるんだ?と言いますと念願の100キロサブ9、9時間切りです!

と、いうかむしろこの高低差ほぼ0のこの大会で達成できなければ正直他のコースでは無理です。1月の宮古島ワイドーでやっとサブ10に戻ってきたばかりですが、ここは狙っていきましょう。

大阪で岡山から近いので、前日はのんびりバスで大阪駅まで。
そこから枚方まで京阪電車で向かいます。
まあまあ涼しい。が、日中は暑くなりそうですね。

受付会場に到着。
うむ、あまり参加者はいないようですね。
まあ…マイナー大会ですからね。2000人募集!とか言ってた気がするけど…
3月末で年度末だし、みんなマラソンどころではないでしょう…

見渡す限り大河原です。きっと良いタイムが出るでしょう。

宿泊は枚方市街ではなく、ちょっと外れのトラックステーションにて。
何故ならそちらの方がずっと安いからです ○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

翌日…
朝1時に起きて「走らないランニング・トレーニング」を実施し(笑)
いざ会場へ。
そして、念願の雨!
やりましたね!
平坦、冷涼、雨と完璧に条件が揃いました。

さて会場はもうぞろぞろ人が集まっています。
そして枚方公園入り口で車が入ろうとして揉めています。
そう言えば駐車場は無かったっけ?
徒歩が確実でイイね。

ゴール地点の荷物預け…
誰でも自由に出入りできます。
スタッフは見張っていません(ヲイ)
まあ、私はいつも貴重品を持って走りますから別に良いですが…運営は大丈夫かな?

中間地点行きの荷物も預け、さあスタートを待ちましょうか。

で、スタート待ちの間、他のランナーの会話が聞こえてきますが…
どうやら参加通知書が直前まで送ってこられなかった人もいるらしい。
自分の家へはちゃんと来ましたが。

そして大阪から大会専用臨時電車に乗ってきた人は、最寄りの枚方公園駅ではなく枚方市駅に止まったのでびっくりしたそうです。
いろんなサプライズがあります、この大会。

まあ、ううん。
大丈夫だよね!きっと…

さあ、スタート。
やっぱ平坦はいい。大して作戦を考えるまでもない。
今回は単純にキロ5分です。
10キロ50分。
涼しい、走りやすい。

20キロ1時間40分。
順調、というか淡々と走るだけ。

30キロ2時間30分。
エイドは2.5キロ毎にあります。

40キロ3時間20分。
もうコメントすることがない…

50キロ4時間10分5秒(笑)
やがて中間地点へ。

でトラブル発生。
私の荷物がない!
出てこない!
やっと出てきた、そのロス4分!嗚呼…

急いでペースを上げ折り返す。
60キロを5時間2分ほど…
実質キロ5分を切って走っていましたがその無理がたたり、

70キロ5時間57分。
80キロ6時間52分。
90キロ7時間52分…キロ6まで落ちた!

ラスト10キロは頑張ろう!
そう思いました。
とりあえずまずサブ9達成は確実です。
10キロを68分以内ならいいのです。
しかし、ここまで来たらなんとか8時間50分切りたい。

次々と後ろから抜かれる。
そのたびに
「9時間切りましょう」と声を掛けられる。
みんな同じ気持ちなのです。

ペースを上げようとあがいてみた。
辛い。
しかし50分切るのだ。次のチャンスはいつか分かりません。

ラストのエイドを過ぎた、あと2.5キロ!
残り500mでは道沿いにそれなりの応援が。
時計は8時間45分台!
やりました。

21度目の100キロマラソン挑戦でついにサブ9達成!
OSAKA淀川マラソン、万歳!
8時間48分49秒、26位でした~

結構レベル高いな、おい。
まあ、雨でなければまず達成できませんでしたね。

しかし恐ろしい事実が。
この大会は70キロと50キロの部もあったのですが、50キロの部の誘導が1.5キロ早く折り返してしまい、実質47キロになってしまったそうです。
それもあってか(それだけではないと思いますが)ランネットの評価は30点台!

来年も実施して欲しいから踏ん張ってよ、OSAKA淀川マラソン!
とか思っていたら50キロの部の参加者は来年無料招待されるそうです。
ということは、来年もあるんだね!
また出ると思いまーす。

down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー