東京マラソンの観戦に7万2千人が集結!

東京マラソンの大迫選手の走り、素晴らしかったですね!

しかし世の中的には素晴らしくないことも起こっています。

東京マラソンの観戦には7万2千人が集まったそうです。

まあ都心なのでたまたま通りかかった人もいたかもしれませんが…

この方たちは東京マラソンの一般枠を中止にした意味が分かっていないのでしょうか?

子どもたちの学校は休校にして、自分たちはノコノコマラソン観戦。

休校は3月2日からだから?

もしそんな考えの人間がいるのであれば、その方は社会に出たら迷惑な人でしょう。

しかも、このインタビューに答えているのは東京マラソンに当たったランナー。

恥ずかしげもなくよくインタビューに答えられるな、と。

マスクするから大丈夫、とか手洗いするから大丈夫、とかそういう問題ではありません。

はっきり言ってマラソン撲滅テロリストの手先としか思えません。

飛行機や新幹線のキャンセルが効かなかったかもしれませんが、こうしてマラソンの評判を下げて世の中からマラソンを一掃したいんでしょうね。

これで琵琶湖や名古屋ウィメンズの風当たりも最悪でしょう。

この記事のタイトル「応援自粛、わかっているけど…」って

わかってませんよね(笑)

わかっている人はあんなところにいないでしょう。

これで感染が広がったら後で「東京マラソンなんかしなければよかった」と言われ、走った選手の皆さんが哀れです(私ももともと開催しない方が良かったとは思ってますが)。

コロナに対する政府の対応が後手後手と言いますが、平和ボケの国民性の方が遥かに問題だと思います。