なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

ウルトラマラソンサブ9に向けた練習を考えてみる!

time 2018/08/10

ウルトラマラソンで大事なのはやっぱり後半!

こんにちは。相変わらずなずっきーです。
さて、このたびは100キロウルトラマラソンのサブ9に向けた練習を考えていきたいと思います。

サブ9のペースのページで書きましたが、100キロで良いタイムを出そうと思ったらまず後半! 後半いかに失速しないか…というところにかかってきます。
失速し始めればキロ6分を超えることなどザラ、キロ6分で1キロあたり36秒の借金、キロ6分半でキロ1分6秒の借金です。
こうなってくるととても達成できません。
サブ10くらいだと、前半でちょろっと時間に余裕があると、少し失速しても達成できてしまいますが、サブ9ではそうもいきません。

というわけで、出来るだけ後半失速を抑えて、ラスト10キロは前半のペースに戻すくらいの走りが出来れば達成に向けて大いに前進します。

ウルトラマラソンを走りまくるサブ9ランナーがしていた練習

私がサブ9達成に向けて練習していた内容ですが…
それは、2部練!
と言っても朝と夜に分けて行うとかそういうものではないです。
例えば、まずペース走やビルドアップなど長い距離のポイント練習を行います。
まともに取り組めばそこでグッタリ、クタクタでしょう。
しかし、そこから間髪いれずインターバルや1kmダッシュなど、速いスピードの練習を行います。
なんの意味があるかと言いますと、疲れた脚、追い込んだ脚からいつでもスピードアップできるように鍛えているのです。

普通、ウルトラマラソンでは脚がだんだん重くなっていきペースは落ちていきます。
そこから一瞬(10キロ~15キロ)だけでもペースアップできるようにしておきます。
例えば、私の場合、上手に走れば100キロのラスト10キロは50分くらいで走ります。
90キロまでズルズル下がっていたとしてもです。
常識で考えたらラスト10キロが一番遅いはずなのですが、ここで一気に上げられるようにします。
それには疲労が溜まった脚からさらにスピードアップする練習が必要で、それゆえこんな練習を行うのです。

しかし、言うは易しするは難し。
正直ポイント練習が終わった後の超スピード練習は半端な辛さではありません。
しかし、この練習をこなしてラスト10キロだけでもペースが戻せると気分的にも随分楽です。
ラスト10キロをキロ5分で走れるよう鍛えれば、90キロに8時間10分で到達出来れば達成できたも同然だからです。
精神的に随分楽になりますので是非チャレンジしていただきたいです。

あと、100キロマラソンの大会を練習と割り切って、敢えて90キロまでかなり遅いペースでずっと我慢して、ラスト10キロだけ本気で走るのもとても効果的です。
まあ、狂ったようにウルトラマラソンに出まくる人限定となりますが…
普通は年に1回か2回くらいでしょうからね。
しかし、これでもラストの脚を鍛えることは出来ます。
90キロまでずっと抑えていたとしてもやっぱりラストで飛ばすととても辛いです(笑)

サブ10やサブ9を目指すクラスになれば、ただひたすらLSDをするとかは全くの無駄ですので、こんな練習をしてみるのも気分が変わっていいかもしれません。
この辺りがこなせるようになればフルマラソンが3時間10分クラスのランナーでも100キロサブ9を達成できるでしょう。
ただ、フルマラソンサブ3を達成できるようなランナーなら、こんなことをわざわざしなくてもサブ9を達成できる可能性は大いにありますけどね^^

down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー