なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

100キロウルトラマラソンサブ9…
あまり凄さの分からない指標です。

フルマラソンのサブ4とかサブ3.5とかサブ3とか2時間50分切りとか、いろいろ「凄い!」のランクがあります。

そして100kmウルトラマラソンについても、サブ10ならなんとなくどのくらい「凄い」のか世の中で語られていたりします。サブ10の分析の際にも語らせていただきましたが、グランドスラムの中で圧倒的に難易度が低いにも関わらず、サブ10はそれなりに存在感があったりします。

しかしサブ9…非常に地味です
いったいどのくらいの走力なのか?
フルマラソンのレベルでいえばどのくらいなのか?
どのくらいの割合のランナーが達成するのか?
いまいち分からないことが多いです。

当然サブ10ランナーより走力が高いはずだが、ちょっと地味なサブ9ランナー。こちらについて分析していきたいと思います。

ちょっと調べれば分かりますが、大体の大会ではサブ9ランナーの数はサブ10ランナーの3分の1程度です。つまり、10時間切るランナーのうち3分の2くらいは9時間台で、あとは8時間台と7時間台(稀に6時間台ランナーもいますが)という訳ですね。

大会のレベルにもよりますが、ちょっと地味目で参加者数の少ないウルトラマラソン大会なら、サブ9を達成すれば年代別入賞、表彰者数が多い大会なら運が良ければ総合入賞する可能性も出てきます。
さすがにサロマウルトラマラソンや四万十川ウルトラマラソンなど、メジャーな大会ではサブ9ランナーなら何十人といるでしょうから難しいでしょうけど。

そして日本はウルトラマラソンの競技者数が多い国ですが、当然フルマラソンランナーよりウルトラランナーは圧倒的に少ないです。
その中でサブ9をする人は数%。サンプルが少ないのでいまいち実態が掴みにくいですよね。

さて、気になるサブ9ランナーの走力…
フルマラソンで言えば大体3時間10分前後のランナーでしょう。
つまりサブ3って「良く分からないけど多分100キロ9時間切りは凄い!」という世間の評価よりも遥かに難易度が高い訳ですね。グランドスラムは明らかにバランスがおかしいです。

サブ3はウルトラマラソンで言えば8時間半程のレベルでしょう。
フルサブ3の走力は無くても、100キロサブ9は達成できます。

証拠もあります。
私がサブ9する前の10キロベストは44分16秒(キロ4分26秒)でした。そして達成した後、最初の10キロは41分47秒(キロ4分11秒)です。
そもそもキロ4分26秒ではフルサブ3(キロ4分15秒)が無理だし、キロ4分11秒はさすがにサブ3ペースよりは速いですが、10キロ本気がその程度ではフルマラソンでサブ3はまず不可能でしょう。
と、言う訳でサブ9を達成をした前も後もフルサブ3の走力が無いのは明らかです。
常に自分の経験が根拠で申し訳ないですが…

つまりサブ9は世間で言うほど「物凄く難しい」訳ではないということです。
サブ3は確かに世の中で「難しい」と言われていますが、それでもランナーの3%もいるのです。そして、サブ9はさらにそれより難易度が低いのです。フル3時間と3時間10分の違いは相当のものです。
つまりサブ9なら、頑張れば庶民でもなんとかなります!!!

そう考えると、なんだか皆さんもサブ9が簡単に達成できる気がしてきませんか?
そうです、意外に出来ちゃうんじゃないかな?というその気持ちがサブ9達成には1番大事なのです。
たぶん。

もちろん平均キロ6分で走れば良いサブ10と、キロ5分24秒で走らなければいけないサブ9では難易度は桁違いです。
キロ5分半では達成できないのですからね。
私自身もサブ10は順調に達成出来ましたが、サブ9は何度も挫折しました。
100キロマラソン21回目のチャレンジでやっと達成です。
しかしコツを押さえて努力すればきっとなんとかなる…

なんとかなるはず!!!
…ですよね。たぶん。

あ、ちなみに頑張ればなんとかなる、というのは「当日根性でなんとかなる」という意味ではありませんよ!
当たり前ですが♪(o・ω・)ノ))

down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

ジェル・補給・他アイテム

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー