なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

みなさんこんにちは!
最近練習をしないずっきーです。
突然ですが、そろそろウルトラマラソンサブ10にについて真剣に考察していきたいと思います。
う~ん、2018年の東京マラソンが終わった翌日にこんな文章を書いている自分もどうかと思いますが♪(/・ω・)/ ♪
ウルトラランナーにとってサブ10は大事なことですよね。

ウルトラランナーなら誰でも憧れるサブ10…
達成した暁には、ラン仲間の間で一躍スターになれます!

しかしサブ10までの道のりは長く遠い。
なにしろスーパーランナーの証明、あのグランドスラム達成にも100kmウルトラマラソンサブ10は必須条件です。

いつか達成したい!
でも難しいんだろうな~、と思っているウルトラランナーがとても多いです。

なにしろ100キロ10時間で走るということは、平均キロ6分。
最初の10キロや20キロをキロ6分で走るのは、ある程度走り込んだランナーにとっては楽勝でしょう。
しかし、ラスト10キロをキロ6分キープするのはかなり大変です。
もちろん人間徐々に疲労が溜まっていきますから、ラスト10キロをキロ6分で走れるなら、100キロサブ10はおそらく容易に達成できるでしょうが…

ただし、です。
実際は多くのランナーが思っているよりは、ウルトラマラソンサブ10は難しい訳ではありません。
自分の場合はランニングを始めて1年2カ月、100キロウルトラマラソン初完走から5カ月で達成することができました。

先ほどチラッと出ましたが市民ランナーのグランドスラム、条件は3つです。
その3つとはフルマラソンサブ3、ウルトラマラソン(100キロ)サブ10、富士登山競争制限時間内(4時間半)完走ですが…

その中で言えばウルトラマラソンサブ10がぶっちぎりで簡単です。
それは私がフルマラソンや富士登山競争に出たことがなく、ウルトラマラソンサブ10だけ達成しているから言っている訳ではありません。実際に知人の中でも、フルサブ3は達成できていないけれどウルトラサブ10を達成しているランナーは多くいます。
もちろんその逆も皆無ではありませんが…

そもそもフルサブ3はウルトラマラソンサブ9よりも難易度は高いと思うのです。
最初はそこまで思いませんでしたが、サブ9を達成している現在、あらためてフルサブ3の方が難しいだろうと考えています。
そのあたりはサブ9のお話の機会があれば、そのときまたお伝えしたいと思うのですが。

という訳で、誰か知りませんがグランドスラムを考え出した人は、たぶんフルマラソンサブ3、ウルトラマラソンサブ10、富士登山競争時間内完走という3つの条件を達成していない人なのでは???と思ってしまいます。

自分も訳の分からないままサブ10を達成してしまいました。
達成する前はサブ10って滅茶苦茶凄いことで、自分とはレベルの違うシリアスランナーじゃないと達成出来ないのでは?と思っていました。そしてサブ10を達成した後は周囲の反応も変わってしまい、この人はメチャ速いランナー!みたいな扱いをされるようになりました。
しかししかし…自分の場合、初サブ10達成時のレース展開は全く速さを感じさせないものだったのです。

そう、ウルトラマラソンサブ10がフルマラソンサブ3やウルトラマラソンサブ9と決定的に違うのは、「別にスピードは必要ない」ことと、「極端なスピード練習をする必要もない」というところです。
そんなに速いペースで練習する必要がないので、練習で気負う必要もないし、精神的負担やプレッシャーも小さいです。
はっきり言って、「フルマラソンでサブ3.5する能力+α」があれば良いのです!

ただし、サブ10を達成するにあたってこんなランナーは苦戦を強いられます。

①怪我を抱えている、怪我をしがちなランナー どんな距離にも関わらず怪我はランナーにとってお荷物ですが、距離が長ければ長いほどごまかしが効かなくなります。もちろんフルやハーフに較べてペースが遅いので時間あたりの負荷は小さいです。しかし、走行時間、着地回数とも非常に長く大きいため、不安な部分があればそれが致命傷になって走れなくなることがあります。

②内臓の弱いランナー ウルトラマラソンは「いかに気持ち悪くならずに長く走れるか」が問われる競技でもあります。長時間胃が揺れ続け、しかも暑い環境で走ることが多いウルトラでは、気持ち悪くなって飲食ができなくなる可能性があります。その確率はフルマラソンの比ではない(予想)と思われます。気持ち悪くなればもはや走ることはできませんしエネルギーの補給も難しくなります。安定して走ることが重要なウルトラマラソンでサブ10達成するには丈夫なお腹が必要ですヾ(o´∀`o)ノ

今現在、脚が遅くても練習不足でも構いません。
100キロウルトラマラソンを達成するには「意外に簡単に達成できる」という図々しい気持ちが一番大事なのです!

down

コメントする




ウルトラマラソンの走り方

怪我・病気

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー