なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足完走記2013 ~ついに100キロデビュー!~

time 2013/03/15

小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足に参加してきました!
ついに、ついに、とうとう100キロにチャレンジです。

今まで最高60キロしか走ったことがないので、やや不安。
これまでの50キロ、60キロマラソンは30キロ過ぎて失速、走り、歩きで何とかゴールした感じだったので果たしてゴールできるのか?
それでも楽しみですけど。60キロ過ぎて自分の脚はどんな感じになるんでしょうかね~

しかもこの大会、昨年参加した方に話を聞くと、数ある100キロマラソンの中でもトップクラスに厳しいコースらしいとのこと(;_:)
どうなるでしょうか?

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

前日、岡山から小豆島へ向かいます。
う~む。これはアクセス良いですよ。

岡山駅→新岡山港→土庄港
楽勝です。しかも岡山駅まで我が家から徒歩10分。
あーラクチンラクチン。

早速岡山駅からバスへ乗るが。
明らかにランナーと思われる列を見つけ、そこに並ぶ。
なんて簡単な…

無事新岡山港へ、あっさり小豆島へ。
ここからはホスピタリィツアーさんのガイドで島めぐり。

24の瞳撮影現場やオリーブ園などを巡る。
そして寒霞渓へ。お猿さんがたくさんいますね。
猿は弱そうな人を見ると襲ってくるらしいです。
まあ、ランナーがドカドカきたら襲ってはこないと思いますが一応用心を。
目を合わせたら駄目らしいです。

そして寒霞渓の麓、ロープウェイ乗り場へ。
なかなか厳しい坂ですね。

明日はどこを登るのか?
と思ったらロープウェイ乗り場の脇に急な坂が…

あれか?
あれは走れませんね。まあ走れないなら諦めるしかないから別に良いけど!

ロープウェイで上るが…高いですね~
ホントに歩いて走って上れるの?超不安。

別ルートで上ってきたバスに乗り戻ります。
さあ明日はどうなるのか。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

当日…
さっさと起き準備開始。5時にはスタートです。うーむ早い!
スタート前、主催者の海宝さんが
「100キロ走るなんて身体に良い訳ありません!」
とおっしゃいましたが、そりゃそうだ(笑)

さあ、スタート!
しますが後の方の人達、全然走る気なし(笑)
まあ16時間制限ですからね。

自分は前半は滅茶苦茶ゆっくり(キロ7分半)と走り、途中抜かされまくりでしたが焦らない。
次第に辛くなる…
いや、脚でなく花粉症が…
鼻をかみながら進む。

40キロ過ぎ、寒霞渓の麓を目指すが、早くも下ってくるトップランナー。
凄いねぇ。

いよいよ寒霞渓!
標高700mを上る。予想通り走れません。
しかし結構元気だぞ。上り切って中間エイドに到着。

そこから下りますが、下った55kmあたりで違和感が…
いつもなら45km過ぎたあたりでパッタリ足が止まるのですが、本日は絶好調。

24の瞳の撮影現場へ向かう道、60キロを過ぎる。
人生初の距離に突入した!まだ走れてる!

折り返し70キロ!走れる走れる!

80km過ぎて激坂に差し掛かり、周りも皆歩いていましたが、自分は止まる気配無し(*^^)v
途中抜きまくり、90キロを過ぎてもまだ走れる!
89キロ地点に焼き肉焼いてるエイドがありましたが、そんなの食べて皆走れるの?
お酒っぽいのもあったように見えましたが、それは見なかったことにします。

残り1キロ過ぎ、さあゴールだ!
と思ったら距離稼ぎのためわざわざ遠回りさせられる…
まあそれでも元気元気!

信じられませんが現実こそが全てです。
最後まで余力を残し12時間50分位でゴール(●^o^●)
やった~~~~
序盤から慎重に行ったのが良かったんでしょうね!

9カ月前、一発ギャグのつもりで隠岐の島ウルトラマラソン50kmに出場したのが私のランニングスタートでしたが、まさか100km走れるようになるとは思いませんでした。
5月には140kmの萩往還ウルトラマラニックに出ますが、なんとかなりそうな気がします(*^_^*)


down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー