なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

ウルトラマラソン向けのシューズとは?

time 2019/08/27

■目次
ウルトラマラソンに適したシューズとは?
 ウルトラとフルでシューズを変える必要はそんなにない
 シューズは踵が一番大事!
 柔らかいシューズより硬いシューズの方が後半疲れにくい
 サイズは大きめの方が良い
 足幅は余裕がなくても良い
 駄目なシューズの選び方
ランニングシューズまとめ 入門編
ランニングシューズまとめ 中級者編
ランニングシューズまとめ 上級者編

ウルトラマラソンに適したシューズとは?

ウルトラマラソンに適したシューズ。
それはどんなものか…

色々な考え方があると思います。
しかし、私はシューズについてあまり考えたことがありませんでした。
ランニングを始めて最初に買ったのは4000円くらいの安いシューズで、どこのメーカーかも覚えていません。ただ、初心者用でクッションがあったのは覚えています。はっきり言って値段で選んだだけです。
その後はウルトラの大会もトレイルの大会も練習も全てそのシューズで走っていたらあっという間にボロボロになりました。特にトレイルでは消耗が激しかったですね。

その後、初めて100キロに挑戦するにあたって、アシックスの「GEL-KAYANO」を購入しました。このシューズ、確か重量が360g(今のKAYANOは300gくらい?)もあり、サイズもスーパーワイドで4Eでした。今から考えるとかなりの代物ですが、そのときは店のおっちゃんに「100キロ走る」といったら勧められたので何も考えずに買いました。
当時の自分はシューズのスペックよりも、値段が13000円だか14000円だかだったのですが、そちらの方に関心がありました。高すぎませんか…?

その後初100キロは無事完走し、そのときのKAYANOのクッション性に感動。
シューズはクッション性が一番大事だ、ということでその後も厚底の柔らかいシューズを履き続けることになりました。
そして常日頃の練習から10キロの短距離の大会まで、全て厚底のシューズを使用していました。

その後サブ10ニューバランスのM1040で達成、サブ9.5は再びGEL-KAYANO、サブ9もGEL-KAYANOで達成してしまいました。サブ9クラスならターサーで走るランナーもいるくらいですし、世間の常識とは随分違う選択だとは思いますが、実際にサブ9を達成できてしまった以上「別に悪い選択ではなかった」といことになりますよね。

常に重いシューズで走る、そんな経緯のため私には世の中で言われている「シューズが重くて走りにくい」という感覚があまりありません。しかもフルマラソンは走ったことがないため、速いスピードで走る習慣も付いていませんでした。100キロサブ9といっても、ペースで言えばキロ5分前半ですしね。このくらいのペースでシューズが軽い必要もあまりないですし。もちろん他の性能が同じなら軽ければ軽いほど良いんですけどね。それは当り前です。

色んなシューズを履いてみて、たくさんの大会を走ってみて思うこと…
シューズは「自分が感覚的に走りやすい」と思うものが良いと思います。
(ただし、練習では走りにくいシューズが良いです。ここ大事。)
重さが気にならないなら重くても良いし、気になるなら軽いのを選べばいいと思うし。自分の場合は足裏への衝撃が大きいのが嫌いなので、ある程度クッション性のあるシューズを選んでいますね。100キロも走るのに序盤から足に衝撃がくるのは嫌ですから。
自分の感覚に合うものを履けば良いでしょう。

アシックスからはかつて「GELサロマ」や「サロマレーサー」などが出ていました。
GELサロマはウルトラ完走を目指すシューズ、サロマレーサーは11時間切りを目指すというコンセプトで作られたものです。私はどちらも履いたことがありますし履き心地は良かったから全然問題ありませんでしたが、ただ、別にウルトラだからこれ!みたいな選び方をしなくてもいいとは思います。

注意点が何点か…

①ウルトラとフルでシューズを変える必要はそんなにない

フルマラソン用よりウルトラマラソン用のシューズの方が軽いんです!みたいな人はいないと思いますが、その逆はいると思います。
ただ、あまり気にしなくてもいい気がします。確かに、よりクッション性が高い方が安心ですが、42キロを大幅失速せずにきちんと走れるのであれば、足の耐久力は十分できていると思われるのでわざわざ厚くて重いものに変えることはないかなと。
ただ、フルマラソンの最後でヘタレて失速するのであれば、その先の距離はさらに失速しないか不安なので、クッション性の高いものにした方が良いでしょう。
と、こんなことを言いながら、私自身はウルトラの後半で足裏が痛くなるのが嫌なのでやや柔らかめのシューズを履くことが多いです(笑)
あと、ハーフとフルは別の競技と考えてください。
普通のランナーはハーフでは失速しないので、ハーフは硬くて薄いシューズを選んでも大丈夫です。走りやすいシューズで走りましょう。

②シューズは踵が一番大事!

シューズ一番大事なのは踵です。
これは本当です!嘘ではありません。
踵のホールドが甘いと足がぐらついてロスが出ます。
長い距離になればなるほど踵のホールドは大事なのです。
メーカーで言うと踵の造りはアシックスが一番しっかりしています。
フルマラソンでナイキ旋風が吹き荒れていますが、ウルトラマラソン界は依然アシックスのシェアが圧倒的なのはここが理由かも。

③柔らかいシューズより硬いシューズの方が後半疲れにくい

私はそもそもソールが柔らかいシューズが大好きなのですが、世間では「柔らかいシューズは接地したときにバランスが崩れて無駄が生じる」などと言われています。なんやねんそれ!とか思いますが、実際に柔らかいシューズで後半すぐヘタレていた私が少し硬めのシューズに変えてからは失速幅が小さくなりました。「接地時に~」とか説明されてもリアルに感じられませんでしたが、現実にタイムが変わると信じざるを得なくなります。
同じような意味で、厚いソールより薄いソールのシューズの方が疲れにくいのでしょう、たぶん。
まあそうは言っても硬くて薄いソールのシューズは衝撃が大きいですから、後半足裏の痛みが気になる方はそれなりの柔らかさ、厚さのシューズを選んだほうが良いでしょう。
このあたりは体重も関係してきます。(重い人は柔らかい、厚い方が吉)
練習用シューズは硬めのものがおススメです。

シューズの硬さ・厚さについてはこちらで考察しています

④サイズは大きめの方が良い(良かった)

かつて「足のサイズちょうどのシューズが良い!」という情報を入手したとき、早速100キロマラソンで試してしまいました。
結果は…爪全滅でした。
ウルトラはアップダウンがあることが多いですし、つま先への衝撃は大きいです。私は足の実測値は25.5cmですが、27cmのシューズを履いています。
まあ、爪がやられるのは自分の走り方が下手なだけかもしれませんが…

⑤足幅は余裕がなくても良い

これも情報を入手して早速試してみました。こちらは良かった。足の側面とシューズの間には余裕が無くても大丈夫。ちょっときつめの方がシューズとの一体感が出て走りやすかったです。100キロ完走後も特に問題なし。自分はいつも細めのシューズを選んでいます。
日本にはやたらスーパーワイドが売りに出されていますが、よっぽど幅広の足の人でなければやめておいた方が良いでしょう。

足幅についてはこちらで考察しています

駄目なシューズの選び方

まずシューズの重さを確認⇒×
そもそもシューズが重いから走りにくいとか、100g違うなら分かります。
しかし10gや20gで違いがそんなに出るでしょうか?
確かに速い人が物凄く重い初心者用を履いて走ったら違和感が出ますが、それは重さというよりソールの厚さとか構造の違い、そちらの方が大きいです。
上級者用でそんなに重いものはそもそもないのです。

例えばアシックスのターサージールが180gでミズノのウエーブエンペラーが200gだったとして、必ずしもターサーの方が速く走れる訳ではありません。
見るべきところは重量ではなく、もっと他にあるはずですよね。

シューズは履いた感覚、履いて走った感覚が重要。
なにしろ100キロも走るんですからね!

ランニングシューズまとめ 入門編

今まで自分が実際に履いたシューズの情報をまとめました。
もちろん代が変われば性能も変わるかもしれませんが、シリーズの傾向としてお考えください。
基本的に代が変わってもそのシューズのコンセプトは変わりませんので(たぶん)。
コロコロ変わったらそれこそ消費者が困りますからね。

それではいってみましょう!!!
まずは入門用シューズから。


■目次
アシックス ゲルニンバス
アシックス ゲルカヤノ
アシックス GT2000ニューヨーク
アシックス GT1000
アシックス GT3000
アシックス GT4000
ミズノ ウエーブライダー
ニューバランス M1040(W1040)

アシックス ゲルニンバス

適正ペース…フル5時間以上、100キロ12時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…D 体重が重い・脚長向き

アシックスが誇る超絶クッション性シューズです。
私、このシューズより柔らかいシューズは履いたことがないです。
厚底ですが何故かカヤノより軽い。
足の保護力全体ではカヤノに劣りますが、地面からの衝撃、踵の安定性も高い。
アシックスは基本踵のサポート力が高いです。
着地の衝撃の大きい高身長・脚長・体重重めのランナーがウルトラを始めるときに履くのがいいでしょう。

ゲルニンバスのレビューはこちら

アシックス ゲルカヤノ

適正ペース…フル5時間以上、100キロ12時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…C 体重が重い・脚長向き

ゲルニンバス同様、マラソン入門用シューズ。
ソールはかなり柔らかいため、衝撃は小さい。
踵の固定力も高く、また、膝の内側への倒れ込みを防止する。
カヤノより衝撃吸収性の高いゲルニンバスはあまりにも柔らかすぎるため、普通の体重のランナーならここからスタートで問題ない。
値段が高いのは気になるが、耐久性も高いのでコストパフォーマンスは悪くない。
スーパーワイドがやたら売ってますが、足幅をきちんと調べて幅広でない人は買わないこと。
日本人ならスリムタイプの方が合うでしょう。
足の横に余裕があることは利点ではなく害です。
柔らかいためウルトラの後半ではやや疲れやすくなる。
よって、100キロ耐えられる足裏があるなら、少し硬め厚底のシューズへステップアップを!
その気になれば別に100キロサブ10サブ9もこのシューズで可能。

ゲルカヤノのレビューはこちら

アシックス GT-2000ニューヨーク

適正ペース…フル4時間15分~5時間、100キロ11時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…B

こちらもマラソン入門シューズ。
ゲルニンバスやゲルカヤノと較べるとややソールが硬いため衝撃吸収力は小さい。
よって体重が標準~軽めのランナー向け。
日本どころか世界中で大人気のシューズですが、代によって作りがコロコロ変わるのが欠点。
7よりも6の方が踵、中足のホールドも強そうでこちらの方がおススメです。
カヤノと同じく、安易にワイドを買わない方が良いです。日本人ならスリムタイプが合う人の方が多いでしょう。
ソールがやや硬いため、ウルトラで使用すると後半疲れにくい。
歩かず走り切れるようなウルトラランナーはこちらの方が良いタイムが出るでしょう。
なお、ソールが硬いためジョグや練習用にもおススメ。

GT-2000NYのレビューはこちら

アシックス GT-1000

適正ペース…フル4時間15分~5時間、100キロ11時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…B

GT-2000の兄弟分。
スペックはGT-2000に似ている。
シューズの最重要事項、踵の安定性が異常に高い。
日本人は踵が細い人が多いため、このシューズの方が走りやすい人もいる。
日本ではスリムタイプが売っていない(確か)のが残念ですが、ノーマルタイプでも十分走りやすい。
ただし、踵が大きい人はGT-2000の方が良いでしょう。
GT-2000と同じく、7より6の方が安定力があります。
基本性能が同じなのに随分安いのは大きなメリット。

GT-1000のレビューはこちら

アシックス GT-3000

適正ペース…フル4時間30分~5時間、100キロ11時間以上
耐久性…B ソールの硬さ…C

アシックスのウルトラマラソン用シューズ。
(多分)ネットでしか買えないが中足部、踵とホールド力は完璧です。
GT-2000やGT-1000よりソールが少し柔らかいため入門用と言えます。

GT-3000のレビューはこちら

アシックス GT-4000

適正ペース…フル4時間15分~5時間、100キロ11時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…B
アシックスのウルトラマラソン用シューズⅡ。
3000より硬めでホールド力も抜群、安定性はGTシリーズの中でもピカイチ。
こちらもネットでしか手に入らないと思いますがかなりおススメです。

GT-4000のレビューはこちら

ミズノ ウエーブライダー

適正ペース…フル4時間15分~5時間、100キロ11時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…B

ミズノ版GT2000(笑)
ミズノの入門厚底シューズと言えばこれである!
耐久性、ホールド力は高い。
ソールの硬さが代によって結構変わります。
GT2000よりは少し軽いです。
信頼できるシリーズですが、シューズの形状がカーブラストなのが疑問…
何故だ?そんなにスピード出すためのシューズじゃないのに。
硬めの入門シューズは、GTとウエーブライダーのスペックを較べて良い方を選ぶのがセオリーです!
アシックスに次いで踵のホールド力が高いミズノの入門シューズです。

ウエーブライダーのレビューはこちら

ニューバランス M1040(W1040)

適正ペース…フル4時間15分~5時間、100キロ11時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…C 体重が重い・脚長向き

ニューバランスの入門シューズ。
男性用はM1040、女性用はW1040です。
これもシリーズによってソールの硬さが違いますが柔らかめなことが多い。
とりあえず踵を見てください。
ここがカッチリしていればソールは問題ありません。
逆にここが緩いと長距離では後半疲れやすいです。
海外のメーカーで基本体重が重い、脚長のランナーに向いています。
アシックスと同じく普通に4Eが置いてありますが、平均的な日本人足型なら2Eを買いましょう。

M1040のレビューはこちら

ランニングシューズまとめ 中級者編

ここから中級者用シューズです。
入門用は軽くても300gの重さがありましたが、ここからはグッと軽くなります。
まあ、何度も言うように重さ自体はどうでもいいですが。
それよりもソールがやや薄くなるので、自分の走りをよく知って適切なシューズを選ばないとフルマラソンはともかくウルトラマラソンではかなりのダメージを受けます。
慎重に選択しましょう。


■目次
アシックス ゲルフェザーグライド
アシックス ゲルDSトレーナー
ナイキ エアズームスピードライバル
アディダス adizero RC
アディダス エアロバウンスPR
アディダス adizero boston boost
ニューバランス FRESH FOAM ZANTE
ニューバランス HANZOT
アシックス ライトレーサーRS
アシックス ライトレーサーTS

アシックス ゲルフェザーグライド

適正ペース…フル3時間45分~4時間15分、100キロ10時間以上
耐久性…C ソールの硬さ…C

厚底のくせにやけに軽いシューズで、日本では大人気のシューズです(海外で売ってるのか知らないですが)。
アシックス派ランナーの中ではGT2000やカヤノで修業を積んだ初心者ランナーが中級者へステップアップする際選択しやすいシューズです。
なんか名前もかっこいいしね!
フワフワなので練習用には全く向かないですが、大会で足への衝撃を気にせず走りたい方には良いと思います。フラットソールなのでウルトラで使えば足への負担が小さいでしょう。
スリムタイプの展開もあるので、足幅広いランナー以外はこちらがおススメです。
欠点としてはアウトソールの消耗が激しく、私は100キロマラソン1回でスクラップにしたことがあります。

ゲルフェザーグライドのレビューはこちら

アシックス ゲルDSトレーナー

適正ペース…フル3時間45分~4時間15分、100キロ10時間以上
耐久性…B ソールの硬さ…B

ゲルフェザーグライドと同じクラスなのに、なんだか地味なシューズ。
しかしウルトラに関してはこちらの方が圧倒的に向いています。
やや硬めでソールも厚め、GT2000やGT1000からステップアップしたランナーはこちらの方がしっくりくるでしょう。
元々の細身のラストと、細めの踵も魅力的。
無駄のない作り…いいですよこのシューズ!

ゲルDSトレーナーのレビューはこちら

ナイキ エアズームスピードライバル

適正ペース…フル3時間45分~4時間15分、100キロ10時間以上
耐久性…B ソールの硬さ…C

ナイキ公式ではサブ4クラスの練習用…となっています。
が、柔らかいソールに緩い踵、あまり練習向きとは思えません。
大会本番用に使う方がいいと思います。
シューズの幅は狭いためホールド力は高い。
そして、このシューズ最大の長所はグリップ力!
地面を掴む感覚が本当によく分かります。
あ、最大の長所は値段が安いことだったか(笑)

エアズームスピードライバルのレビューはこちら

アディダス adizero RC

適正ペース…フル3時間30分~4時間00分、100キロ10時間以上
耐久性…B ソールの硬さ…A

アディダスの中級者用廉価シューズ。
どのメーカーでもこのクラスはなぜか安いシューズが多い。
クッション性があるとか騙されて履いてみましたが、クッション性はありません(笑)
感覚としては厚い板に乗ってるみたい。
つまりソールは厚くて硬い。
さらに幅はEサイズで小さめなので、練習用に向いていると思います。
惜しいのは踵。
海外メーカーの宿命かやや緩いですね~。

adizeroRCのレビューはこちら

アディダス エアロバウンスPR

適正ペース…フル3時間45分~4時間15分、100キロ10時間以上
耐久性…B ソールの硬さ…B

アディダスの中級者用廉価シューズⅡ。
アディダスのシューズはイメージ的に「もっさり」か「尖ってる」かと言われれば尖っているシューズが多い気がします。しかしこのエアロバウンスは硬すぎず柔らかすぎず、踵のホールド力もあるのでウルトラマラソン大会の本番使用に向いていると思います。
ただ練習での使用や、足裏の強靭なランナーはadizeroRCなどの硬いシューズの方が向いているでしょう。

エアロバウンスPRのレビューはこちら

アディダス adizero boston boost

適正ペース…フル3時間45分~4時間15分、100キロ10時間以上
耐久性…A ソールの硬さ…A

無駄の少ないアディダスの薄めシューズ。
中足部のホールド感はありますが踵のホールドはそこそこといった感じ。
あまりソールに厚みを感じないのでちょっと着地時に衝撃を感じますが、非常に自然な感覚で走れます。長距離の安定走行に向いているシューズと言えそうです。

adizero boston boostのレビューはこちら

ニューバランス FRESH FOAM ZANTE

適正ペース…フル3時間45分~4時間15分、100キロ10時間以上
耐久性…B ソールの硬さ…B

名前を覚えにくいニューバランスの中級者用シューズ。
ワイズがDと、かなりホールド力が高い。
ソールは硬すぎず柔らかすぎず。
踵も他のニューバランスのシューズと較べれば…較べれば…ホールド力があります。
しかしやはりアシックスには負ける。
踵以外はライトレーサーに対抗できるスペックだと思います。
うーん、惜しい!

FRESH FOAM ZANTEのレビューはこちら

ニューバランス HANZOT

適正ペース…フル3時間30分~4時間00分、100キロ10時間以内
耐久性…S ソールの硬さ…B

ニューバランス版ライトレーサー(笑)
踵のホールドは抜群で中足部のホールド力も絶品。
ソールは耐久力もあり、常識的な硬さ。
サブ10、サブ9を狙う方でシューズの選び方が良く分からん人は、とりあえずHANZOT、ライトレーサー、ヒートレーサーのどれかを履いたらいいと思います。

ハンゾーTのレビューはこちら

アシックス ライトレーサーRS

適正ペース…フル3時間30分~4時間00分、100キロ10時間以内
耐久性…S ソールの硬さ…B

おススメの一品。
フルマラソンでサブ3.5に迫る人にぴったり。
ウルトラでも使いやすい。
価格が安く、ソールもそれなりに硬い。
耐久性が抜群で、1000キロは持ちます!
ウルトラマラソンサブ10ができるならこのレベルのシューズを履いてもいいでしょう。
GT2000やGT1000ほど厚底ではないのでシューズに乗っかってる感も少なく自然な走り方?が期待されます。

ライトレーサーRSのレビューはこちら

アシックス ライトレーサーTS

適正ペース…フル3時間15分~4時間00分、100キロ10時間以内
耐久性…S ソールの硬さ…A

こちらもおススメ。
大会本番でも使えますが、中級者の練習用としてはこれ1択?
RSよりソールが硬いため、より大きな練習効果が期待できます。
安くて丈夫、使いやすいカツ丼的シューズ。
ただしソールが硬いため、足裏の衝撃が気になる方や、デブ中級者ランナーは大会本番ではRSの方が良いでしょう。

ライトレーサーTSのレビューはこちら

ランニングシューズまとめ 上級者編

ここからは上級者用シューズと言えるでしょう。
ソールはかなり薄くなり、足に大きな衝撃を受けます。
そして足のサポート力よりもランナーの走りを邪魔しない構造になってきます。
中級者用シューズまでは間違って履いても何とかなりますが、上級者用は実力や適正を間違えるとウルトラマラソンから生還できない可能性もあります。
気をつけましょう。


■目次
アシックス スカイセンサージャパン
アシックス ターサージール
アシックス ターサーカイノス
ミズノ ウエーブエンペラー

アシックス スカイセンサージャパン

適正ペース…フル3時間00分~3時間30分、100キロ9時間以内
耐久性…C ソールの硬さ…B

まずは値段が高い(笑)。
フラットソールで長距離向き。
ゲルフェザーグライドみたいですが、あそこまでフワフワではありません。
ただしソールの摩耗が大きいのはゲルフェザーと同じ(涙)
フラットソールは摩耗が激しいようになっているのであろうか…?
ソールは薄いですが、ターサーシリーズなどと較べるとやや柔らかいため中級クラスからのステップアップには向いているシューズ。
高くて柔らかめで耐久性が低め…
とても練習では使えません。
長距離用の本番使用が一番賢い使い方だと思います。
サブ9クラスならぴったりでしょう!

スカイセンサージャパンのレビューはこちら

アシックス ターサージール

適正ペース…フル2時間50分~3時間10分、100キロ8時間半以内
耐久性…B ソールの硬さ…S

合言葉は「いつかはターサー」。
上級者シューズの代名詞です。
ターサーはそこそこクッション性がある!
という噂を信じて履いてみたのですが、それは嘘です!!!
ソールは薄く、硬い。
反発力があるためスピードは出ますが、それに耐えられる脚が無ければ無意味です。
と、いうか100キロで反発力のことはあまり考えなくてもいいしね。
体重が重い方は要注意。
ウルトラで言えば8時間半は余裕で切れるような方が履くのが良いと思います。
まだそのレベルに達していない人はライトレーサーで十分です。
ハーフ以下で履くのであれば活用範囲が広がると思います。

ターサージールのレビューはこちら

アシックス ターサーカイノス

適正ペース…フル2時間55分~3時間10分、100キロ8時間半以内)
耐久性…B ソールの硬さ…S

ターサージールの廉価版?
作りに重厚さがなく、とてもシンプル。
ターサージールのようなカッチリ感はないため、短い距離なら走りやすいと思います。
ただし、ウルトラマラソンのような長距離では、足を守ってくれるような構造ではないため、あまり向かないかもしれません。
7時間台で走れるような人なら別ですが(笑)

ターサーカイノスのレビューはこちら

ミズノ ウエーブエンペラー

適正ペース…フル2時間55分~3時間20分、100キロ8時間半以内)
耐久性…B ソールの硬さ…A

ミズノの最上級シューズ。
ですが、アシックスのターサーほど硬くなくウルトラでも使いやすい。
踵のホールドはやや緩い。
ウルトラの後半で脚を助けてくれるようなシューズではありませんが、8時間台の前半を目指すランナーなら履いてみてもいいでしょう。

ウエーブエンペラーのレビューはこちら

down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンの走り方

怪我・病気

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー