なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

2019小豆島オリーブマラソン全国大会まで走ってきました!

time 2019/05/27

みなさんこんにちは、5月26日は小豆島オリーブマラソンですね!
という訳で私も早朝から小豆島に向かいます。

新岡山港の始発のフェリーは6:20溌。おりいぶ丸です!



朝っぱらからランナーが騒がしいです。

70分ほどで小豆島の土庄港に到着します。



で、今回ですが、土庄港から会場の坂手まで19キロ。
現在7:30ですからハーフのスタート10:00までに十分時間があります。
ランナーの皆さんはシャトルバスで向かいますが…

私は走っていくことにしました!!!

え、馬鹿なの? と思った方は早計です。

私は出場しません!
単なる応援です。
小豆島に向かうとは言いましたが、大会を走るとは言っていません(笑)
記事もタイトルも「小豆島オリーブマラソン全国大会『まで』走ってきました」ですからね。『を』ではありません!

だから疲れてもいいのです。

という訳でみんなに別れを告げて坂手港まで走ります。
ちなみにみんなというのは…
石垣島血盟軍から引き続き、菜々緒さん、けいちぇるさん、コンコンさん、てぃーちゃんさんに、クラブメンバーからカープ大好き女子・ゆーりんさんとライバルクラブからも2名参加と賑やかなメンバーになりました。

無理やり参加させられたコンコンさんが走り、菜々緒さんが諸事情により私と一緒に応援に回るのはいつものことなので気にしてはいけません!

早速走りますが…
感想!
小豆島はかなり町ですね。
DCMダイキやコンビニがあります。



離島っぽくはありません。

しばらく行くと世界一狭い海峡「土渕海峡」が見えました。





川っぽいですが海ですよ~。

アップダウンがある道をしばらく走っていると…

ププー!

クラクションを鳴らされる!
えっ、ちゃんと歩道を走っているぞよ…?

車の中から女性に…
「おーい、お兄さん(嬉)!乗ってく!?」
と言われる。
どうやら大会に間に合わないと思われたらしい。

「ありがとうございます!大丈夫ですよ~!」
と、返しましたが…
島の人は本当にいい人が多い。
以前伊豆大島でも乗ってけ~って言われましたし。

それにしても暑いね!
この日の午後に北海道の佐呂間町では39.5℃まで上がったらしいですね。
小豆島はそこまで上がらないけれどかなり暑い。

先週の柴又、先々週のえびすだいこくは、どちらも日程繰り上げましたが正解でしたね!
そしてその大会をチョイスし、今日大会に出ないおいらこそ真の勝ち組です。

池田港を過ぎ、



オリーブ園でトイレに寄り、



真壁港を過ぎる。



6年前、小豆島・寒霞渓ウルトラ遠足で初めて100キロを走ったのですが、記憶が甦ってきます。

途中でドラッグストアに寄りジェルを買ってたらまた時間が厳しくなる。

マルキン食品さんを過ぎ、



10kmコースの8km表示。残り2キロ。



ホテル前の私設エイドを過ぎ



残り1キロ。



うーん、なんだか大会を走ってる気分だ。結構アップダウンあるな。

みんな大丈夫か?

やっと到着。



私の旅は終わりました!
ミッションコンプリート!

その後、ハーフ、5キロ、10キロとスタートしていき、皆無事に帰ってきたものの、口を揃えて「暑過ぎる」…と。

そして何度も救急車が行ったり来たり…

いやいや、5月のハーフマラソンですよ!
フルじゃないし!
そんなことありえる??

なんとも悲惨な事態になってしまいました。

応援中、↓の京宝亭さんの「佃煮アイス」を食べてましたがマジ美味い。



しかし6月30日で閉店してしまうそうです…

とりあえず皆無事に終了しましたのでお待ちかねの素麺コーナーです。
これ、なんと出場していない人も食べれます。

ハーフの参加費5000円、5キロも10キロも参加費5000円というのは全てこの素麺に使われているっ!
のではないでしょうか?分からんけど。

ランナーには弁当も出ます。ゴージャス!

ちなみに白い面がノーマル素麺、緑がお茶ではなくオリーブ素麺です。



そして会場で片道のシャトルバスのチケットを買い、土庄港まで。
そこから新岡山港まで帰ったのでした。

フェリーの客室が混んでたので甲板に行きましたが、こちらも死にそうな暑さでした。

来年は時期変える?
いや、結構本気ですよ!

down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー