なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

当ブログの記事がパクられました!!!

time 2018/08/16

ブログ記事のパクリが現実となりました

(※こちらは2018年8月当時、私がまだFC2ブログで更新していたころの記事です。魚拓は当時の記事になります。)

みなさんこんにちは。
お盆を迎えたずっきーです。
このたび、当ブログ「なまけものウルトラランナーの野望」の記事がパクられました!

パクられたページはこちらです。
ウルトラマラソン大会「逆」難易度ランキング
そしてこちらがパクられた当時のWEB魚拓です。

このページ、微生物のような些細な当ブログで最もアクセスの多い記事です。
アクセスの多い理由はおそらく、掲載されている大会の数が多いといったところだと思います。
全て実際に走ったことがありますしね。
走ったことがない人がネット上で情報をかき集めて一覧を作るのとは、また違った味のランキングになっていると思います。

で、パクリ主さんのパクリページはこちらです。

おそらく公式ページとランネットのレビューを参考にして作成しているのでしょう。
他人がどんな構成や文章で記述していようが全く構いませんが、ふと見ると気になる文章を見つけました…
四万十川ウルトラマラソンの部分ですが…



そしてこちらが私の文章。



非常に違和感があります。
なんと、明らかに私の文章を盗用してリライトしているではありませんか!

まあこれは世間一般の常識で言えばパクリと言えるでしょう(笑)。
でもパクリ元よりパクッた文章の方が読みやすい(笑)

で、こちらは同じく柴又100Kの私の文章です。



こちらがパクりさんの文章です。



パクリさん、パクッたときにチョロチョロ文章を改変していますが、そんなことをするなら自分の文章で書けばいいのに…

私の実体験の後に、調べれば誰でも分かるくだらない情報を追加しています。

ついでに野辺山ウルトラマラソン、こちらが私の文章です。



パクリです。



こちらも私の記事より読みやすい(笑)
しかし四万十川に較べてパクリの仕事がだいぶ雑になっていますよ。
丸パクリの部分もありますね。

そして決定的なミスは最後の一文…
『まったり楽しむ感じの村岡とは色んな意味で対象的?』
何か違和感がありますね…
パクられたからではありません。
対象的、対象的…、対象的? ん?対照的ですよね(涙) お恥ずかしい限りですが誤字でございます。
そのままパクられています。
うーむ、証拠が残ってしまいましたね!

さて、パクリさんはどうやら京丹後ウルトラしか走ったことがないらしいのです。
そのため、「ウルトラ攻略」などと銘打っていますが、実際は他のサイトから情報を集めてくるしか手段が無い。
パクった四万十川ウルトラと野辺山ウルトラがランナー目線の文章になっており、やけに目立ちます(笑) そもそも、1大会しか走ったことがないのに無理に20大会も攻略しなくてもいいのではないでしょうか?

そしてさらに不思議なのがこちらの記事↓



いわて銀河ウルトラの紹介です。
ウルトラ中毒の皆さまならご存知の方が多いかもしれませんが、今年はコースで崖崩れがあり開催中止になりました。
しかし、開催中止と決定してからもエントリーを受付けていたため大変問題となりました。

パクリさんはいわて銀河ウルトラのことを詐欺だの対応の悪さだの人事のように言っていますが…
他人の記事をパクってウルトラマラソンの攻略をするのもモラルが欠如しているとしか思えません。
危ぶまれるのはあなたのモラルも同様です。

しかし、パクられたからには一応対応をしなければいけません。
果たしてずっきーはパクリさんにどう挑むのか!?

ブログをパクられたときの対応とは?

ブログ記事のパクリ…
遭わないにこしたことは無いですが、遭ってしまったものは仕方ありません。
対応策を考えていくことにしましょう。
色々考えられますが、まずはこんなところでしょう
①パクリ主に記事の削除依頼を行う(ただし、これで解決することはあまり無いでしょう)
②パクリ記事の保存を行う
③パクリ記事がGoogleの検索に引っかからないようにする

まずはパクリ主に削除依頼?

私も記事をパクられたときの対応を色々調べてみましたが、第1対応として紹介されているものの多くは『パクリ主と交渉』する、というものでした。

しかしですよ。
パクリ主とは「人が書いた文章を平気で自分のものとして世間に晒す」人間です。
そんな依頼や交渉で「はいそうですか」と削除するとは思えません。
普通の人間を相手にするのとは訳が違うのです。

交渉するなら他の手を打ってからにしたほうが良いと思います。

とにかくパクリの証拠を押さえよう

何より大事なのは証拠の確保、これに尽きます。
ブログの記事の内容や更新日もなど後でいくらでも変更できます。

という訳で、キャッシュを保存するサービス
ウェブ魚拓さんを利用します。
このサイトの『魚拓をURLで検索・取得』欄にパクリサイトのURLを入力します。

これで簡単、完了です。
今後ページをいじってごまかそうとしても証拠があるので言い逃れはできませんね。
これをせずにパクリ主に接触してしまうと、いきなり証拠隠滅されてしまう可能性があります。

パクリ記事をGoogle検索に表示されないようにしてもらう

一番辛いのはオリジナルの記事よりもパクリ記事の方が検索結果の上位に表示されることですよね。
そもそもパクリページというのは残念ながら儲けるために作成されるものが殆どなので、パクリ主は労せずして金儲けをしようとしている訳です。(そういう意味では私の記事をパクったパクリさんは、ちまちまと表現を改変してますから効率良くありませんが…。この程度ならやらなきゃいいのに。)
人の労力を奪って金儲けされるのはどうにも納得出来ないので、Googleの検索に表示されないようにしましょう。
ちなみにパクリさんが金儲けではなく「世界平和のためにパクっているんだ」と主張し、それが事実と確認できたなら私は別に騒ぎません。

Googleに著作権侵害の報告するページはこちらです
まずは連絡先情報を入力します。

次に著作権対象物についての報告をします。
①一番上の欄は『著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明』です。
一見よく分かりませんが、ここには「あなたの記事がどのようにパクられているか」を入力すればOKです。

②真ん中の欄は『当該著作物が許可を受けて掲載されている場所』の入力、つまりパクられたページのURLを入力します。
複数のページからパクられている場合は改行して入力します。

③一番下の欄に『権利を侵害している著作物の場所』の入力を行います。
ここにはパクリページ(今後検索結果を表示させないページ)のURLの入力を行います。
パクリページが複数ある場合は改行して入力します。

②と③を逆に入力しないよう気をつけてくださいね。
もしも間違えてしまったら本当に洒落になりません。
自分の記事が検索結果に引っかからなくなります!

それにしてもこのページを見ると自分がテキトーに書いた記事にも著作権があるんだと実感できます。
なんか自分が凄くなった気分(笑)

最後に宣誓供述書にチェックを入れますが、
①今回のパクリは間違いないかという確信があるか
②入力内容に虚偽がないか、パクられたページの所有者であるか
③Lumen プロジェクトに法的通知や個人名が載るが了承できるか
の確認です。

了承したら全てにチェックを入れ、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、署名日と署名を入力し送信します。

送信したら現在の申請状況が確認できます。
最初は保留中ですが、こちらが承認されればOKです。

さあ私も証拠を押さえ、Googleに著作権侵害の報告をしました。
一体どうなってしまうのか?
パクリさんの動きも見ものです。大体想像つきますが。

Google先生に著作権侵害が認められました

Googleに著作権侵害を報告後2日経過して、削除リクエストが承認されました。
早い場合は1日で承認される場合もあると聞いていましたから、結構時間が掛かったなという印象です。

一応検索結果表示がされないか確認すると…
ちゃんと検索結果から除外されていました。

まあ、最低限これができれば良いと思います…

パクリさん、ブログ記事を変更するの巻

正直、もうこれでパクリさんのページは検索されないわけなので、わざわざ晒す必要はないと思っていました。
しかし、パクリさん検索結果に表示されないことに気付いた模様。

そしてとった行動は…謝罪ではなくブログ記事の修正。
なんだかなあ…
人間の嫌なところはあまり見たくないし、パクったということは私の記事にパクる価値を見出した訳なので、これでおしまいにしたかったのですけどね。
やはり隠蔽は駄目でしょう。

現在のパクリさんのページはこちら。

四万十川ウルトラマラソン変更後の文章↓



四万十川ウルトラマラソンに出たことがなく、他人のブログをパクる人間に感激という言葉を使われるのは正直納得いきませんね。

野辺山ウルトラマラソン変更後の文章↓



パクリとは関係ないのですが、標高が高いと太陽が近いから暑いってホントでしょうか?
私の知識によると、それはあり得ないのですがね…
まあ、どうせ色々なところから文章をパクっているのでしょう。

別にパクリを晒したい訳ではありません

こういう人に何を言っても無駄でしょう。
慇懃無礼とはこのことです。
人のブログをパクって稼ごうとか頭がおかしいとしか思えません。

正直、内容をパクられるのはある程度仕方ないと思います。
人間なら同じ考えに辿り着くこともあるでしょうし、私の記述に価値があるからこそパクられたのかもしれません。
そりゃ嫌ですけどね。

しかし、表現がパクられるのは我慢なりません。
自分の文章が他人のものとして大っぴらに公表されるのは気持ち悪いです。

パクる人はバレたら晒されるのは覚悟の上でパクっているのでしょうから私も仕方なく晒しました。
パクリさんは完走証も実名でちゃんと載せてますのでかなりの覚悟があったと思われます。

なんかウルトラマラソンに関わる人ってちょっと変態だけど大らかで良い人が多いイメージでしたがちょっとショックでした。
こんなセコい人もいるとは。

皆さんもブログは出来るだけ自分の経験や目線、考えをオリジナルの表現で書いてあげてくださいね。
その方がパクる方もパクりにくい筈です。
あと、たまにはわざと誤字を挿入しておきましょう(笑)
きっと後で役立つはずですよ。

おまけ

ダイエット・筋トレブログ『男のダイエット』様の「国内で人気があるウルトラマラソンの大会を調べてみた」というページがあるのですが…

そちらに載っているサロマ湖ウルトラ、チャレンジ富士五湖、能登半島すずウルトラ、村岡ダブルフル、そしてパクリさんが唯一走ったことがある京丹後ウルトラも一部パクられておりまして…
掲載5大会全てパクっており、パーフェクトを達成しておられました。

まあ他人の記事をパクる人は、いろんなところでやっているだろうとは思いましたがね。
ブロガーとしてはいまいちですが、何が何でもパクるというその姿勢は世界中のパクラーに勇気と希望を与えたと思われます。
おめでとう!

コメント


  • ウルトラ鉄人様
    大会参加一覧、みました。すごい、としか言いようがありません。おそれいりました。
    ①私は、S55年44歳で青梅30Kに1回出ただけで、5㎞も走ったことがありません。H14年、66歳、初マラソンが秋田100㎞です。
    現在82歳です。

    それ以来15年間の参加記を秋田の地元新聞に、投稿してきました。2017/9に、それらを編集加筆して、「秋田100㎞マラソンに賭ける」として出版しました。出版案内、送りましょうか?
    ウルトラマラソンの出版物は、9冊しかありません。そのうちの1冊です。
    ②差し支えなければ、どんなお仕事していますか。
    ③ご家族は?
    ④どのような練習、体調管理していますか。
    ご教示ねがいます。

    by シルバー €2018年8月18日 11:11 AM


  • 自分の物としてリリースするメンタリティが、全く理解出来ませんよね……心中お察しします……。

    記事をいつも楽しみにしております。
    練習がお嫌いとのことですが、明らかに超ウルトラマンでスゴイ(^-^)
    逆難易度ランキングはめっさ興味津々で拝見しました。参考になる~!

    by こころ €2018年9月2日 11:09 PM

down

コメントする




ウルトラマラソンの走り方

怪我・病気

海外ウルトラマラソン

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー