MAURTEN(モルテン)DRINK MIX・GEL100の効果は…?

東京マラソンが終わり、ニュースで何やら言っています…

また厚底だの、アルファフライだのか、うるせーなー、
厚底厚底って初心者用なら何十年も前からあるだろが!

しつこすぎ…

と思っていたらどうやらシューズの話ではないらしい。

なんと、魔法の粉についての話題でした。

魔法の粉?モルテンのドリンクミックス&ジェル

魔法の粉とは…
今話題のモルテンのエナジードリンク用粉末のMAURTEN DRINK MIXのことでした。

何やら凄い効果があるらしい。
水で溶かすDRINK MIXにはMAURTEN DRINK MIX 160(kcal)とMAURTEN DRINK MIX 320。

こちらは320の方です。





さらに持ち運びできるジェルタイプはカフェインなしのMAURTEN GEL100とカフェイン入りのMAURTEN GEL100 CAF100があります。

こちらはGEL100





昨年秋から話題になっていたらしく、私は全然知らなかったので今回購入して自己実験することにしました。

ただし、お値段は税込で…
MAURTEN DRINK MIX160 756円
MAURTEN DRINK MIX320 1,080円
MAURTEN GEL100 994円
MAURTEN GEL100 CAF100 1,058円

と、とんでもない価格です!

1080円もあれば100キロ走るのに必要なジェルが揃えられそうです…。

では一体何が他のジェルと違うのか?

モルテンのジェル・ドリンクは胃に負担がかからない

特徴の一つは、胃に負担がかからないところです。
通常ジェルを摂取すると、胃から小腸へ水や炭水化物を送る速度が低下してしまいます。

長距離走の後半で、胃に負担がかかるあの感じですね。

しかし、モルテンドリンクは胃の酸性度に反応して水分、塩分、炭水化物はすぐに小腸に送られ、そのまま吸収します。

内容物が胃に停滞しないため、胃に負担がかからない。

これは大変嬉しいことです。
100キロの後半では、食べ物、飲み物を受け付けなくなることがあります。

胃腸が弱いランナーには朗報でしょう。

モルテンのジェル・ドリンクは吸収が速い

前述のとおり、モルテンのドリンクは摂取後胃をほぼスルーします。

胃の中で停滞しないということはそもそも吸収が速いです。
すぐに小腸に到達して吸収が始まるわけですからね。

あと一つ吸収が速い理由があります。
それは炭水化物の内容。

パワーバーのジェルもそうですが、モルテンのジェルもブドウ糖だけでなく果糖が含まれています。
ブドウ糖と果糖の混合物は吸収が速く、時間当たりの吸収量も多いのです。

モルテンのジェル・ドリンクは代替品がない

そして現在、この仕組みを備えているメーカーはモルテンしかありません。

という訳で高くても安くても胃に負担がかからず素早く摂取するには、こちらを選ぶしかないのです。

シューズ同様、ジェルについても他メーカーが良いものを開発して値段が下がると良いですね^^

モルテンのジェル・ドリンクの使用における注意点

ただ、モルテンのドリンク使用にあたって注意点もあります。

上手く使わないと値段が値段だけに勿体ないです。

モルテンドリンクミックスは水の配合に注意

まず、モルテンドリンクミックスは粉の量と水の量の配合割合が決められています。

160も320も一袋を500mlに溶かします。

これが一番吸収されやすい配合であり、このバランスが崩れると吸収速度が落ちます。

また、水のカルシウム濃度が高いと粉が溶けにくくなるため、カルシウムイオン濃度の高いミネラルウォーターの使用は避けましょう。

モルテンドリンクミックス320はお腹が緩くなりやすい

モルテンのシリーズの中で一番高カロリーなのはドリンクミックス320。

1時間で320kcalを吸収できるというトンデモない性能です。

当然これを多用していきたいのですが、320は慣れていないとお腹が緩くなりやすいのです。
お腹が弱いランナーは、走る前に飲むのはドリンクミックス160にしておいた方が無難です。

モルテンのドリンクミックス&ジェルを実際に試してみる

という訳で実験してみます。

正直単価が高いので練習では使いたくないのですが…

まず条件ですが、色々調べてみると「使用するとフルマラソンの後半の脚が違った!」という感想をよく見かけました。

と、いうことはあまり短い距離で使っても違いは感じられないかもしれません。

もちろんLSDでトコトコ走っている最中に使っても分からないでしょうから、ある程度のスピードで30キロくらい走る必要があります!

正直大会本番で使えるなら余裕で試せるのですが、現在全く大会に出れる予定なし。
泣く泣く練習で試してみるのでした。

走る1時間前にドリンク320を摂取。

そしてお腹になんの異変もないままスタート。

まず入りはキロ4分半。
サブ3ランナーさんなら楽勝ですが、私はそんなに余裕があるわけではありません。

何度も途中でやめようか?
と思いつつ耐え、25キロ通過。

脚はめちゃ楽ですね。
この時点でジェル100を摂取。

おお、甘すぎず良い感じ。
そして胃に溜まる感覚もありません。

結局元気なまま、ラスト5キロはキロ4分で終了。

うーん、良い感じでしたね…
いや、てっきりあまり効果ないかと…

高いけど使えますね。

ちなみにドリンクミックス320はお腹が緩くなると評判でしたが私には影響なし。

モルテンのドリンクミックス&ジェルまとめ

とりあえずかなり効果が高そうなモルテンドリンク。

実際に大会本番で使うならできれば高エネルギーのドリンクミックスも走行中に摂りたいものです。

しかし、スタート前には飲めますが、スタートしてからは水の量もきちんと決まっているし、そもそもその量が500mlと多いので走りながら作るのは難しい。

ジェルを10キロに1本摂ればいいかもしれませんが、それも金が掛かりすぎます。

モルテンが最大の実力を発揮できるのは…
ズバリ、スペシャルドリンクが置ける大会でしょう!

当たり前でした…
しかしなかなかそんな大会は無いでしょう。

ただ、フルマラソンと違ってウルトラには走行中に「中間点荷物預かり」がある大会がほとんどなので、事前に作って預けておけば1回は摂取できます。

本当に飲めばその後の走りが違うと思いますので、みなさんも財布と相談して上手く使っていきましょう。