なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

京丹後ウルトラマラソン完走記2013 ~暴風雨にもマケズ~

time 2013/09/14

灼熱の京丹後ウルトラマラソンに出てきました。

しかし…今年は…((((;゚Д゚)))))))

毎週末やってくる台風のおかげで雨模様。この日も台風直撃の一歩手前です。
猛暑以外は暴風雨だろうが豪雪だろうが全く気にしない私にとって超朗報!
こうなっては仕方ない、サブ10目指しちゃいましょうか♪
しかし、開催されなければそこでジ・エンドであるが…

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

前日から車で移動し、大会用の駐車場で仮眠する。
翌日、一応天気は大丈夫、開催されるらしいです。

相変わらず人の多い大会です。
当日受付を行い、まず登録の部がスタート。

スタートも堂々の先頭集団に付け、飛び出します。
が、なんか変です。スピードが出ません。
10km65分…おかしーではないの。
気を取り直して10km~15kmは飛ばし気味でマジ走りだ!でも31分(;_:)
しかも脚が既に100kmマラソンのラスト10kmのときみたいにだるくて痛い、動きません。大ぴーんち(-“-)

思えば先週の福島で走ったとき、花粉症だと思ってたら後で風邪ひいてたことが判明。
今週ずっと不調でやっと治ったのですよ。
しかし咳は未だ全開だし。
確かに走り過ぎもあるかもしれませんが、加えて体調不良をきちんとケア出来てなかったのが原因でしょう。

残り85kmこの状態で走るのは非常に辛いですが、ペースを落としまくって低速安定走行することにしました。
ちなみに私の辞書にリタイアという言葉はありません。
レース中の選択肢は常に、前、斜め右前、斜め左前の三つのみ!
ぶっ倒れるまでゴールを目指します。実際はそんな大きな話ではありませんが。

途中知り合いのランナーさん達に追い抜かれる(´。・ωq)(pω・。`)
皆頑張ってください。おいらも絶対完走するぜ(^O^)/

キロ7分超えくらいでゆっくりでも安定して走り続けます。
50kmまではリズムに乗るためあまりエイドでも休まず進む。
七竜峠の上りなど楽勝。

道の駅丹後王国を過ぎ、

60kmの先頭ランナーに追い付かれる前に辛くも分岐へ。
碇高原への上りもキツイと聞いていましたが大したことはありません。普通に走って上れます。
今日はタイムや順位はもう気にしてないので50km以降はエイドでだらだら食いまくり、飲みまくりでした。

70キロから下りますが、下りの方が辛いかもしれませんね。

80キロ付近では、裏に大会の車がぴったり付いてきたので
「えっ、関門?」
とか思いましたが、実は自分の側に登録の部のランナーさんがおり、その方がマークされてたようでした。
確かに今日はゆっくりだけど収容されるほどではありませんでしたからね。

このころには、もうかなり酷い暴風雨。

濡れまくりながら、なんやかんやでゴール付近へ。
ゴール手前、残り100mの信号待ち。去年と同じ展開です。
100m位ならダッシュ出来るんじゃないかと思い、やってみることに。
良い具合に隣の100kmのお兄さんも明らかにダッシュを狙ってます、これは面白くなってきた。
信号が変わった瞬間2人が飛び出しますが、タイミング、加速、最高速度全てにおいて勝った私が先にゴール。
今日はろくでもないことばかりでしたが最後は楽しかったですよ♪

タイムは12時間59分位でしたよ。見事なサブ13でした!
う~む、スタート前に言ってたサブ10はどこに((((;゚Д゚)))))))((((;´・ω・`)))

全てが計算通りに行けば10時間切れることもあり、綻びが少し出れば同じ人間でも13時間掛かることもある。
100kmマラソンは実に奥が深い!

さあ来週は秋田内陸100kmチャレンジマラソンです!そろそろ無茶じゃねーのという意見もありますが、一歩たりとも引く気はございません。サブ10再びなるか?乞うご期待ください(*^_^*)
もうだいぶ疲れましたね~

down

コメントする




ウルトラマラソンの走り方

怪我・病気

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー