なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

マラソンの練習で熱中症にならないようにしましょう

みなさんこんにちは。
最近の岡山は大変物凄い湿度でございます。
今年、気温はそれほどでもありませんが、体感的には暑くて死にそうな毎日です。

そんなこんなでサロマ湖ウルトラマラソンも終わってしまい、春のウルトラは終了という雰囲気ですね。
とりあえずこの先ランニングごときで死なないように、熱中症について考察してみましょう。

熱中症に最もなりやすいのは6月!

大変です。
実は熱中症にもっとも掛かりやすいのは8月でも7月でもなく6月なのでした。

確かに5月の末から6月にかけて一気に気温が上がることが多いですが、それでも7月や8月よりは気温は低いはずです。
何故6月に熱中症になる人が一番多いのでしょうか?

答えは…
①気温が急に上がり、さらに湿度も高くなりやすい
②外気温に身体が慣れていない

①について
実は熱中症のなりやすさには気温の他に湿度も関係するのでした!
もちろん湿度が低いより高い方が熱中症になりやすいです。

なぜなら…
気温が上がれば当然汗を多くかきます。
なぜ人間が汗をかくのかというと…
発汗してその汗が気化するときには熱を奪うので、汗をかくことで身体を冷やそうとしているんですね。

しかし!
湿度が高くなると汗がなかなか気化しません。
ということは熱はこもるばかりです。
スポーツなんかしていたら最悪です。
こもった熱に耐えられず、熱中症になってしまう訳ですね。

②について
人間の体は徐々に外の環境に適応していきます。
つまり、7月や8月は暑くなってからしばらくたっているため、それなりに身体が暑さに適応しています。
急に気温が上がる季節の方が熱中症になりやすいんですね。
まあ暑さだけでなく、秋に急に寒くなるとすぐ風邪引きさんが出てくるのも同じでしょう。

よくよく考えるとウルトラマラソンって最悪の季節がシーズンな訳ですね。
それは辛い!

ランニング中の熱中症を防ぐには…

ランニング中に熱中症にならないためには…
走らないのが一番です!
ん、当たり前?
でも練習できないじゃないか!
…ですと?

なるほど。
皆さん安心してください!

実は熱中症になりやすい条件があるのです。
それさえ避ければ比較的安全なのです。

それは「気温28℃、湿度70%の条件では練習しない」ということです。

つまり夏の昼間に湿度が高かったら練習しない方がいいということですね。
大抵昼間より夜の方が湿度は高いです。
ただ、夜は気温が下がるのでその点は安心です。

昼にムシムシして太陽が照りつけていたら…
かなり危険です!

つい一週間ほど前そんな条件で50キロ走をして頭痛が起こった岡山のランナーもいます。

ただ、いくら走らない方がいいといってもこの時期には大会もあります。
走っている最中の対策としては、身体の内外から冷やすこと。
水分は一気にではなく、こまめに取りましょう。

外から冷やすときは首の裏を冷やすといいですよ。
ウルトラマラソン大会で氷をくれたりしますけど、できるだけ貰っておきましょう。
練習中にペットボトルとか買ったら、飲む前にとりあえず首に当てておくと安全です。

とりあえず令和元年夏、涼しくなりますようお祈りしております…
G20では温暖化対策をちゃんと話し合ってくれたんだろうか?

down

コメントする




ウルトラマラソンの走り方

怪我・病気

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー