パパ、マラソンと育児の両立をめざす

ずっきー、パパとなる

みなさんこんにちは…
突然ですがお知らせです。

この度、わたくしずっきーはパパになりました。
ええ、10月末のことでございます。
父に似て異常にイケメンな男子です。

イケメンは人生に苦労するんです。
ああ、この子の将来が心配だ…

ところで、人生にはいろいろ転換期がありますが、子どもの誕生ほど凄まじいものはものはありませんね。

これまでも結婚、結婚式、妻の妊娠と、とんでもなく忙しかったり心配事が増えたり色々大変なことはありました。

しかし。
しかーし!

子が生まれたときほど生活が一変することはありません!
死にそうです。

正直マラソンの練習をする余裕も時間もあまりありません。
しかし、そうは言っても私もランナーとしてこのまま終わりたくはありません。

抜群の幸運で100キロマラソンを2回ほど優勝しましたが、私ほどの才能があればまだまだいけるはず(笑)

多忙な生活の中で、いかに育児とマラソンを両立していけるかというチャレンジが始まりました。
育児に関する私の体験や失敗、考察。そんな新コーナーが始まりますよ!

育児とマラソンを両立するには

育児とマラソンの両立。
と言ってみましたが、これはマラソンだけに限りません。

子どもが生まれても時間さえ確保できればマラソンの練習はできるわけで…
これはつまり他の趣味にも当てはまります。

時間さえあれば、趣味に力を注げるのです。
こういうと危険な父親っぽく思われるかもしれませんが…

当然育児ファーストです。

例えば産休をとった妻・専業主婦の妻に育児を丸投げする、里帰り育児で妻と義父母に丸投げする、などは無しですよ。

そんなことをすれば自分の時間を確保できるに決まっていますが、世界は父親を中心に回っているわけではありません。

子どもは母親と父親の子です。

育児にきちんと参加しつつ、マラソンでも一流を目指すのです。

育児が順調であれば他も上手くいく

ところで思うのですが、両立両立言っても、要するに育児が順調であればいい訳です。
先ほど宣言した通り、私が目指すのは育児ファーストなわけですので、本業が順調であれば副業のマラソンもきっと上手くいくはずです。

世の中はそういうものです、きっと。
うん、そうだね。

と、いうわけで今後も頑張っていきますよ。

父親の育児って…?

あ!
ところでこれからパパになる方、できたてパパになって苦戦中の方。

父親の育児の定義って知ってますか?

ん?
ほう…

稼いでママの育児を手伝うだと…?
甘い!
甘すぎる!

正解は…
「授乳以外の全て」
です。

母ちゃんの手伝いとかいう甘い認識を持った方がおられたら、まず目を覚ましましょう。
その子はママの子でもありますが、あなたの子でもあります。

ま、さすがに授乳だけは無理ですが。

痛い思いをして生んで育てる母ちゃんの育児は鬼気迫るものがあります。

なんでそこまで考えるの?
と思うことも何度でもあるでしょう。

しかし、それが母親というものなんです。

しかーし。
父親も負けていられません。

わが子に全力に向き合い、マラソンも全力でこなしましょう。

ママに負けないよう育児をこなし、マラソンもこなしましょう。
って、大丈夫かなあ(笑)

(つづく。果てしなく…)