なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

砂田貴裕さんの「ウルトラマラソン必勝バイブル」を読んでみました

time 2019/03/15

みなさんこんにちは。
日々練習に励めないずっきーです。
こんな日は読書に限りますね。
ちなみに私は小学生のときから東野圭吾さんの本が大好きで現在まで読んでおります。
「人魚の眠る家」は原作も映画もとても良かったですよ!

しかし!
たまには違う本を読んでみましょうか。
こんな本はいかがでしょう?
100キロマラソン元世界記録保持者の砂田貴裕さんによるウルトラマラソン本…
「ウルトラマラソン必勝バイブル」です。



読んでみた感想は、かなり面白い!
ウルトラマラソンはもちろんフルマラソン等、他の距離を走るのでも参考になりそうな情報が満載。

ただ、ウルトラマラソン初心者と上級者のどちらによりおススメかと言えばやはり圧倒的に「入門者」ですね。
練習から直前、当日、レース中のアドバイスが盛りだくさん。
万全の態勢で完走を目指すなら是非読んでいただきたい1冊です。

100キロマラソンを60回以上完走した私でも知らない情報が盛りだくさん。
ランニングフォームなど、私も参考になりました(改善されるかどうかは不透明ですが…)。
砂田さんも「ウルトラマラソンは女性の方が向いている傾向がある」とおっしゃっているので特に女性におススメですね。
私個人の考えとしても「男の方が単純で力づく、諦めやすい人が多い」と周りをみても感じます。慎重な女性は事前知識を持つことでさらに良い結果が出るのではないでしょうか。

読んでて笑えたのは「主なウルトラマラソン大会」として紹介されていたのが
1月の屋久島1周ウルトラECOマラニック!
2月の大江戸小江戸!
3月大村湾1周ジョグトリップ!
など一般的にはマイナー(ではないか?)と思われる大会がたくさん出てきているところです。
津軽みちのくジャーニーランなど載っていますし、砂田さんの傍には超ウルトラを走る方がいらっしゃると思われます(笑)。
もちろんサロマ湖や四万十川など超メジャーな大会も出てきますよ。

ちなみに私の目指す7時間59分59秒は基本スピードがキロ4分半!!!
7時間半+レストタイム30分が標準だそうです。
無理ですね…(笑)

しかし無理だと言っていても始まりません。
これを読んで1秒でも速くなっていきたいと思います。

down

コメントする




ウルトラマラソンの走り方

怪我・病気

海外ウルトラマラソン

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー