赤穂ウルトラマラソン完走記2020…練習せずに100キロ走る物語①

2020年初のウルトラマラソンは赤穂ウルトラマラソン・秋

みなさんお久しぶりです。
コロナでマラソン大会もない中、需要がなくなったこのブログですからついつい更新が遠ざかり7か月ぶりの更新です。お久しぶり。
本当にすみませんでした。
一部では出奔説やマラソンを辞めた説などが出たでしょうが、無事生存しております。

ただ、全く練習をしていないため、辞めたも同然なのですけどね…

さて、今回は10月11日に兵庫県の赤穂市「赤穂ウルトラマラソン」に参加しました。

何故突然参加に至ったかというと…
この大会、元々5月に行っていたのですが、コロナの影響で10月に移動したのです。

まさか本当に実施するとはね!

赤穂ウルトラマラソン、始まりは不幸の手紙…

10月1日、ひっそりとその手紙はやってきた!
なんと赤穂ウルトラマラソンの参加通知書である。

ここで大変な問題があります。
私、この大会の実施についてすっかり忘失しておりました!

コロナ前に3月の茨城100キロ、4月の水都ウルトラマラソン、5月の赤穂ウルトラマラソンと3つの大会にエントリーしていたのですが、世間は東京マラソンが中止にした途端に右へ倣えで中止しまくりでした。

そんな中、赤穂ウルトラマラソンは意地でも実施すると宣言!
しかし緊急事態宣言まで出てしまえば、さすがに実施は不可になりました。
大会運営はするつもりだったらしいのですが、会場が県立公園であり県の許可が出なかったとのことです。

だが、赤穂ウルトラマラソン事務局は諦めない!
なんと大会を規模を小さくし10月に移動することにしたのです。

しかし…
人間、何か月も経てばそんなことは忘れるものです。
特に私は(笑)

本当にするかしないかわからないもののために努力するわけにはいきません。
無為に時は流れていったのでした…

赤穂ウルトラマラソン 最後のあがき「1週間前編」

実際にまともに練習していたのは3月末までで、その後は真面目に仕事と育児をしておりました。
ランニングなど月に50キロも走っておりません。
しかもこれが半年続いたわけです。

まともであれば8時間台は出せる自信がありますが、こんな状態ではさすがに不可能なことは分かります。
完走もあやうい。
体重も7キロ増えたし(笑)

コース自体はほぼ平坦で5キロのコースを20周。面倒くさそう…
それは良いが制限時間は「日没」まで!

これは赤穂ウルトラの伝統で、昔からそうです。
しかし、もともと5月開催だから日没は19時とかですが、今回は10月。

ご丁寧に参加通知書にこの日の日没は17:31と書いてあります。
12時間半かよ!
こんな厳しい大会聞いたことがない!

ただ、「足元が見える間は走っても良い」と書いてありました。
一体どういうことなのか?
12時間半よりちょっと長いのか?

まあそれはともかく12時間半で100キロ走らなければいけません。
肝心の現在の走力はどうか?

10月3日、仕事が終わった後に50キロを試しに走ってみることにしました。

しかし、当然というか…
走り出した瞬間、息が苦しいです。
たぶんキロ6とかですが…

これはヤバい!
体も重いし。
ドタドタと走るが、20キロ過ぎたあたりで既に怪しい感じでした。
ここでキロ7くらいに落ち足が動きません。
50キロは諦めて30キロにしようと思いましたが、1キロ1キロが遠い。

結局30キロも走れず、28キロで終了!
こんなことで本当に大丈夫だろうか?
いや無理だろう…

赤穂ウルトラマラソン 最後のあがき「台風編」

10月5日、さらに不幸がやってくる。
なんと台風14号が発生し、大会当日の10月11日に兵庫県に直撃するかもしれない…

大会が中止になれば練習も無駄になるため、むやみに練習できなくなりました。
もし練習して中止になれば費やした時間と手間が無意味になりますからね!

というわけで、台風の進路がはっきりするまでまた怠惰な生活が再開しました。
致し方ないとはいえ、心苦しいものです。

10月8日、なんとなく進路が外れそうであることが分かり、大会のHPにも中止の「ち」の字も書いてないため実施することを確信しました。

そこでまた練習することに決定。
もう本番まで3日…
あまり長い距離は走れないため、20キロ走を敢行することにしました。

ここはもう本番のための走力チェックです。
走ってみたらキロ5分くらいではなんとか走れます。
やはり先日の28キロで随分体が慣れてきたか?

ガーミンを付けてなかったため間違って余分に走ってしまい22.5キロでしたがまあいいでしょう。
この練習で完走できる目途が付いたのです。
あとはひたすら回復に専念するのみ…

続く…