赤穂ウルトラマラソン完走記2020…練習せずに100キロ走る物語②

赤穂ウルトラマラソン「スタート前」

さて、3日前に20キロ走を実施したものの、全く(笑)疲れが取れずそのまま当日に突入しました。
会場は兵庫県赤穂市の赤穂海浜公園。


観覧車やゴーカートなどがあり、子供が遊ぶのになかなかいい場所です。(7年前にも大会に出たので知っている)
ま、午前4時なのでたぶんランナー以外いませんけどね。

入って右手が受付ですが…
おお!

スタッフさんがいる!
ランナーがいる!

この雰囲気、久しぶりです。
マラソンなんてほとんどやってないからねー


十分な間隔を取って並び、受付します。
体調チェック表を提出。

ぶくぶく太って体が重い以外は絶好調ですな。

ゼッケンと大会Tシャツを受け取ります。





折角なので今回は赤穂Tで走ることにします。
で、ゼッケンですが左端にビラビラが20個ついてます。

つまり、1周5キロのコースを1周走るごとに1枚ちぎっていく訳ですね。
20回もこんなことをするなんて…

如何に100キロ走ることが常軌を逸しているのかが分かります…
良い子は決してウルトラマラソンなんて走ってはいけません(笑)

AM5時前。
いよいよスタートが迫ってきました。。
100キロの部は100人くらいですがなんとなくレベルは高そう。

結構な間隔を取って並びます。

ちなみにこの大会、エイドに自分のクーラーボックスを置けますし、荷物も置いておけますので比較的補給はしやすいです。(人数も少ないから自分の荷物の場所も分かりやすい)

私はジェルを全て持って走ることにしました。

今回は…
ウインゾーンのエナジージェルを7個。
メダリストのエナジージェルを1個。
ザバスピットインを1個。

10キロ毎に摂る予定です。

そして肝心のシューズは…
流行りの厚底シューズ!

ミズノのウエーブライダーです!
ナイキじゃない。
しかもウエーブライダー18!

今は確かウエーブライダー23くらいじゃなかったっけ?
18の性能が良かったので1足保管していたのでした(笑)

今回8時間台や9時間台で走れるわけがなく、後半地獄を見るはずです。
こんなときに選ぶシューズは厚くて硬くて踵のホールドがしっかりしている初心者用シューズを使用するに限ります。

己の現状を見誤って軽いシューズを!
とか言うと失敗して足が止まりますよ~。

私は本当に用心深いですからね。

赤穂ウルトラマラソン「前半編」

さて、無事スタートしました。

真ん中くらいからスタートして、最初はキロ5分50秒くらい。
…ですが滅茶苦茶周りのペースが速いです。
どんどん抜かれます(笑)

コースは公園の歩道なので分かりやすいはずですが、ちょっと暗くて分かりにくいところもあります。
ライトは必須ではありませんが、あると便利だと思います。

ただ、今回は例外的に10月実施ですが、本来の5月実施なら既に明るいはずなのでライトは不要でしょう。

あと、路面はちょっとボコボコして走りにくいところもありますね。

前半部分は西に行って帰ってくる約1.9キロ。
一旦スタート地点に戻ってきます。

ここから後半部分3.1キロ。
南に行って帰ってきます。
後半は公園のくせに(笑)多少アップダウンがあります。
なだらかですけど…

で、再びスタート地点に戻ってきます。
ここで嫌な予感が…!

ガーミンだと1周大体5.1キロなんですよね…
このままいくと102キロになってしまいます。

100と102の差は大きい。
もちろん制限時間ギリギリゴールを想定しています。

それはさておき、スタート地点には段ボールが置いてあり、ゼッケンの端をちぎって放り投げます。
残り19回…
気が遠くなる!

ここから先、特に言うこともありません。(ヲイ)
同じことを繰り返すだけです(笑)

6時頃には明るくなってきますね。
私のペースは5分45秒から6分ですが、3日前の練習のせいで脚がガタガタです。

そういえば、エイドでは前半終了時、後半終了時ともに補給できます。
約2キロ走って水&軽食、3キロ走って水。
の繰り返しです。

脱水にはならないでしょう。

さてさて、20キロを過ぎて脚が楽になってきました。
しかし、ここで調子に乗るとろくなことが無いためキロ6分をキープします。

さすが私!
冷静です。
この欲のなさ(笑)

40キロまでは特に問題がなかったのですが、そこから徐々にペースが落ち始める。
そして再び脚がガタガタに…

ホントに弱ってるなー(笑)
10往復、50キロで5時間10分ちょっと。

幸いにも内蔵は無事です。

ですが、ペースが落ち始めたらそこから一瞬で崩れる可能性もありますから慎重に…
とにかく無理をしない。

そして恐れていたことが現実になります…
なんと、10往復終了時点でガーミンは51キロを示していたっ!!!

完走できそうにないかも?

(一応後半に続く)