なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

台湾のウルトラマラソンを再び走ってきました ~濁水溪100K超馬暨木棉花黃昏馬拉松賽③~

time 2018/04/30

どんどん抜かれて行きました!


4番手のランナーさんにどんどん差を詰められます。
そしてあっさりかわされる(´;ω;`)

このころ、脚も潰れていましたが、走ると息が切れ苦しかったのです。
まあそりゃマラソンなんだから息は切れるのですが、ゆっくり走っているのにダッシュした後みたいな感じでした。

かなりの練習不足で出てますからね。
まあ仕方ないのか。

そしてここから始まる没落物語…
まともに走れない中次々と抜かれていきました。

次の62キロのエイドではもう5位。
ここは75キロの部の折り返しなのでドロップバッグが置いてありました。
大会専用のこんなやつですね。
大きすぎる気もしますが、着替えとかシューズを入れるなら便利かな?
123.jpg

もうまともに走れないので別にジェルとかいらないか?
とも思ったのですが、まあ持っていっても邪魔にはならないという判断で受け取る。

65キロのエイドまで果てしなく用水路沿いを歩きます。
日差しが…日差しが…強過ぎる!!!

日向に出ると頭がボーっとするのでジェルやペットボトルの水をちびちび補給しながら進みます。
いろいろ持ってて良かった…
また抜かれて6番手。

次のエイド67.5キロのエイド。
「You are the six!」
知ってるがまだ6番手か~
こんなに歩いたのに。頑張ろう~
子どもが水をたくさんくれる。謝謝!
「Beer?」
これが聞き間違えて「ピール」と聞こえたのでした。
何だろうと思って飲んでみたらビールでした。

さすがにマラソンの最中にアルコールは無理です(。pω-。)
礼を言い、出発します。

さてさて次は69キロのエイドですが…
前のエイドから間隔はたったの1.5キロ!!!
しかしこれが辛い。なかなか辿り着きません。
途中、75キロの最後尾ランナーを抜いていきます。
ちょっとふっくらしてました。

で、エイドでは
「Are you Japanese?」
「Yes!」
「がんばって」
またしても日本語!
これからは台湾のランナーを日本で見かけたら必ず「加油」と言います!

またしても氷をもらいペットボトルに水を貰い歩きだす。
ここでお兄ちゃんに抜かれたのですが、日向を歩いている私を見て
「こっちを歩け」
といった感じで日陰に手招きしてくれました。
「謝謝」
といって彼についていくと安心したような表情をした後、走り去っていきました(笑)

次のエイドは73キロ。
まだ73キロか…
まともに走れないとウルトラマラソンって果てしなく長いな。

「Japanese?」
何度聞かれたでしょう(笑)
「It’s too hot for me to run marathon !」
「今日は暑いよ」
エイドの人はみんな日本語を話せるのか?
「It’s cool Japan now.」
「座る、座る」

座らされました。
そしてバナナやレモンや謎のフルーツを食べさせられる。
今日一番おせっかい親切なエイドですね。
ありがとう。
「謝謝、再見!」
「再見~」
見えなくなるまで手を振ってくれていました。ホロリ。

そして次のエイドは76キロ。
亀のようにしか進んでいません。
途中2人組のお兄さん達に抜かれるが、よっぽど私がしんどそうに見えたのか。
ウイダーをくれました(笑)
Taiwan’s people are very kind !

そして帰ってきた濁水渓を往復した西螺大橋。
帰りは渡らないはず。と思って近づいたらみんな対岸から帰ってきてるよ。
嫌な予感がするのであります!

日台友情パワー!!!


橋の手前にもエイドがありますので近づきますが…
男性が話しかけてくる
「あ、ずっきーさんですね?」
「はい、そうです」
この方は呉さんと言って今回日本人が参加するのを知っていたらしい。
日本語上手!

「頑張って、次は橋渡って」
「え、また渡るんですか?」
「そうだよ、大丈夫大丈夫」
なにが大丈夫なのだろうか…

「50回も100キロ走ってるならいけるいける!」
どうやら色々情報が流れているらしいです。

仕方ない。
渡りましょう。往復3キロですよ。
とことこ走る。向こうからやってくるのは75キロのランナーが多いですね。
対岸のエイドに着く手前、ウイダーくれたお兄ちゃんがやってきた。
「謝謝!」
と言って手を振ったら、手を振り返してくれました。

やっと対岸に到着。
エイドがあって、ゼッケンにチェックを入れてくれる。
そういえば朝はエイドは無かったなあ。
ここは45キロの部の折り返しです。

折り返すが、さっき頑張ったため早速ヘタレ歩きだす。
暑い…手足がしびれてきました。
これはまずいなあ。
対岸のエイドで飴をたくさん貰い、水を詰めて出発!

呉さんが
「あと少しだよ、頑張って」
「ありがと~!」
しかし20キロをあと少しというのは反則である。

少しは走ったがまた歩き出す。
次のエイドは81キロです。往路はあんなに元気だったのに…
なんか地元のお祭りをしてるらしく賑やかい。
たくさん食べて的なことを言われたので、オレンジやトマトをたくさん食べる。
さっきから食べてばかりである(笑)

そしてまた走り出すと聞き覚えのある曲が流れ出します。
「せとはひぐれて♪」…ん?
ゆうな~みこな~み~♪
思わず歌い出す。
日本の、しかも瀬戸内海の歌ではないですか!
ふと、岡山のことを思い出す。
岡山か~。車線変更するときに車がウインカー出さないんですよね。
初めて岡山に来たときはびっくりしたもんだ。
懐かしい…

なんとなく元気になり少し走りだす。
しかし次のエイドは少し遠めです。85キロ、やっと到着。

「Japanese?」
何度目かしら(笑)
一緒に写真を撮ろうというのでお兄ちゃんとお姉ちゃんと3人で撮りました。
やはりジャパニーズの情報はかなり出回っている。

86キロのエイド。
お寺が近くにありかなり賑やか。
こちらでもお祭りが。日本の曲流れ過ぎ!

さあどんどん行きますよ。
87キロのエイド。
「Japanese?Only you?」
「I came Taiwan alone. 」
「Oh , great !!!」
うーむ、一人で来るのは凄いらしい!

しかし、そもそも私の行動について来られる知人はあまりいないのであった…!

さあ90キロのエイドです。
「OK?」
「I’m powerful !!!」
元気なふりだ。もうめちゃくちゃ言ってます(笑)
これ食べて、と言われて食べたのはなんか星型の果物。
3b5b0549709734ef28a21061483d9f22_s.jpg

甘すぎず美味しいね。
「Oh , Star?」
と聞いたら
「Yes , stars !」
とか言うから台湾人にも適当な人がいるもんだ、と思ったのですが…。
後で調べたら本当にスターフルーツという果物でした。知らんかったよ。

たくさん星を食べ、再び出発です。
多くの台湾人の友情に謝謝です~

あと10キロ。
助かるのは午後4時を過ぎて随分涼しくなってきたことです。

残り7キロのエイド。
ウーム、全く覚えてません。

さくさく行きましょう。
残り6キロのエイド。
女子達がいっぱいいるエイド。
さすがにもう固形物は良いか、と飲み物だけ頂く。
そう言えば台湾では「FIN」というスポーツドリンクがあって、エイドではそればっか出てきます。
日本のアクエリアスみたいなものかな?

そして、早朝道を間違えた用水路沿いを走って戻る。
途中でお母さんと娘さんがこちらを見てたので手を振ってみたら喜んでました。

朝は気づかなかったとうか空いてなかったけど97キロ、残り3キロでお寺エイド。
ずっとトイレがなかったのでここで済ます。
そしてエイドにコーラを発見。そう言えば炭酸はここまで一切なかったなあ。

あとは土手に上って3キロ走ります。
途中で最後のエイド。水だけもらいます。
それにしてもエイドが多いなあ。充実しすぎですね。
しかし今回はその充実を活かせなかったけどね(笑)

ラストで大阪マラソンのTシャツを着たお兄ちゃんを抜かし、萬安宮に帰ってきました。
31488662_1136291219843603_3495669909369651200_o.jpg

やっとのことでゴール。
うーむ、12時間46分!
しかし1人ぼっちで完走したことに意味がある。おめでとう!

ゴールしたらマイクを持ったお姉ちゃんが近付いてきて
「Congratulations!」
「謝謝!」
と言ったら
「You finished many many 100km ultramarathon . OK?」
「That’s right . 56 times .」
どうやらこれはインタビューらしい。
台湾では日本と違って56回100キロマラソンを完走するのは凄いことなのだ!
そうか。
「Please tell me how you feel now.」
こんなに疲れてるのに英語考えんといかんとは!
「I am very happy. It was the most enjoyable race I have participated .」
なんとか乗り切ったぞ。

そしてなんと2位だった李さんが待っていてくれたのだ!
「Congratulations!」
「謝謝~!」

そして完走メダルやら
CIMG5464.jpg

CIMG5463.jpg

別の大会のクリアファイルと一緒に渡された(笑)完走証やら
(タイム細か過ぎますね。24℃って夕方の気温でしょう、絶対30℃はありました)
CIMG5461.jpg

完走像やら(戌年だから犬の像)やらを貰うのを教えてもらいました。
完走像はなんと日本語で、
「ずっきー 100キロウルトラマラソン56回完走おめでとうございます」
と書いてあります。ありがとう!
06185_1128052257334166_3769964783093153792_n.jpg

日本人ならしないでしょうね。さすが台湾。
ここまでさせてリタイアしたらとんでもない罪悪感ですね…

荷物を受取り写真を撮ってもらう。
台湾の人は黄色いシャツが多いのだよ。
30741790_1128052220667503_6098371703644094464_n.jpg

彼とはまた勝負出来ると思います。
たぶん次は私が勝つでしょう(笑)
謝謝。
30729224_1128052300667495_8938635857116528640_n.jpg

バスで台北に帰ったときには23時過ぎてました。

100回目の完走は是非ここでしたい。
そう思わせる濁水溪100K超馬暨木棉花黃昏馬拉松賽でした!


down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー