なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

台湾のウルトラマラソン「高雄山城100KM超級馬拉松」完走記④

time 2017/12/27

85キロからはそれほどアップダウンはありません。
しかしちょっとした上り坂でも、もう走れなくなっていました。
途中「山城」と書かれた案内表示がありました。
「高雄山城100KM超級馬拉松」の「山城」とは地名だったのか!

相変わらずエイドでは大人気。
写真撮られまくりです。
そして、この辺りのエイドは前半でお会いした方達が運営されていることに気づく。
そういえば、見たことあるなって感じの方ばかりになってきました。
90キロを過ぎて完全に平坦な道。
キロ6分を僅かに切るくらいですね。

そして100キロランナーが寄り道してる間に抜かれてしまった66キロのランナーを抜いていきます。
当然、途中で覚えた「加油!」と声掛けしながら。
よくよく考えたらこの人たちは66キロの部のトップグループだったのですが。

95キロのエイドを過ぎ、ふと振り返ると3位のランナーの姿が!
これはまずい!と思い一気にペースを上げる。
いつも100キロマラソンのラストはキロ5分くらいにペースを上げますが、今回も同じ感じで上げていきました。

しかしいつもと違い、もう脚が終わっています。
走っても走っても残り4キロの看板が見えず。
なんとか98キロまではペースを維持できましたがそこで止まり…
止まるどころか歩きが入ります。
完全に早仕掛けだった…
しかし仕方ない。組立てに失敗したのは反省点として…
ラスト5キロのペースアップで失速、というのは想像つかないですから…
普通は持つと思うでしょう。

97キロのエイドはペースアップ中だったので飛ばしましたが、99キロのエイドはヨロヨロと寄ります。
そこからも歩く、後を振りかえる、走るの繰り返し。
暑さと疲労で目が眩む。倒れそうでした。

そして美濃高校が見えてきました。やっと帰ってきた。
後ろにはとりあえずランナーの姿が見えません。

高校の前では最後の最後なので、さすがに走り始めます。
まだ応援は少なかったですが…
ゲートをくぐる。お疲れ様でした、本当に疲れました
9時間28分で2位でした!

完走メダルは無く、こんなのを貰いました。
CIMG5352.jpg


ゴール後、日陰で寝てたらスタッフのみんなに心配されました。
ペナン同じ展開ですね(^ω^ ≡ ^ω^)
そして次にやってきた3位のランナーは…と思ったら、95キロ地点で後方に見えたランナーでしたが、この方はなんと66キロの部の方でした。ペース上げなきゃよかったね(。´・(ェ)・)

そろそろ着替えよう、と思ったら体育館に荷物がまだ来てない…
1位の人がいたのでタイムを聞いてみたら9時間18分とのことでした。
うーん、10分差か。おめでとうございます。

と、言う訳で先にシャワーを浴びることに。
で、荷物が無いからタオルも無く…
ランニングウェアごと洗いビショビショに。
しかし暑いのですぐ乾く。

そうこうしてたら、荷物預かりにいたお兄ちゃん(高校生くらい?)が「荷物来ました」と教えてくれる。
このお兄ちゃん、日本語をしゃべれるようで
「分からないことがあったら私に言ってください」
と。なんて親切な子だ。

着替えてウロウロしてたら、おいでおいでと女性スタッフに呼ばれる。
「食べろ」と給食コーナーで色々勧められる。
CIMG5239.jpg

カロリー系かと思いましたが、意外にもヘルシーな感じですね。
ここで色んな方とお話したのですが、台湾の方も日本のウルトラに参加する人がたくさんいるようです。
写真を見せてもらいましたが…
日光ウルトラ、チャレンジ富士五湖、京丹後ウルトラ、野辺山ウルトラ、白山白川郷ウルトラとか人気らしいです。
なんか全部ランナーズウェルネスの大会ですね。
ランナーズウェルネスの大会HPは英語版のページもあるのでエントリーしやすいのかもしれません。

そうこうしてたら表彰式が始まるから来いと。
ペナンに引き続き1度も先頭に立つことはできませんでしたが、結果は2位。
よく頑張ったのではないでしょうか。
CIMG5241.jpg

ちなみにこの写真、例の日本語話せる少年に撮ってもらったのですが、ズームの使い方が分からなかったらしく、だいぶ引いて撮ってますね(笑)
CIMG5242.jpg

景品はこれです!重いよ。2位は第二名って言うんですね。
CIMG5353.jpg

ちなみに100キロ女子の完走者は1人!
完走=優勝です!!!

随分薄暗くなってきました。
CIMG5247.jpg

CIMG5248.jpg

ポロポロと帰ってくるランナーを応援します。
「加油!」と言うと
「謝謝!」と返してくれます。
どうやら私の中国語も通じているようです。

そしてそのうち貼られた成績上位者。
CIMG5250.jpg

そしていよいよタイムアップ、制限時間の14時間が経過しました。
そしたら…な、なんと美濃高校の門が閉められランナーが締め出されてしまってます。
オイオイ!

その悲劇とは別に、門の外では誘導バイク隊が集合していました。
お疲れ様でした、皆さんありがとうございました!
CIMG5251.jpg

新左營駅に向かうシャトルバス出発まであと少し。
やたら親切なスタッフの皆さんがバナナを一房くれようとしたり(飛行機で持って帰れんのよね)、高雄ウルトラランナー協会への入会を勧めてくれたりとても賑やかなフィナーレでした。

そしてスタッフの方がワイワイ話出したと思ったら、なんとホテルまで送ってくれることに。
基本的に台湾の人は強引です。ありがたく好意を受けることにしました。

車に乗ったあと、気遣ってくれて「着くまで寝なさいよ」
と言っていただくが、寝させてくれるほど静かではありませんでした(笑)

無事ホテルに辿り着き熟睡。

海外ランナーは親切な人が多い!
いつもそう思いますが、中でも飛びきり人情厚い台湾・高雄。
高雄山城100KM超級馬拉松、多くの感動を持って終了したのでした。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

翌日…マラソンは終わりました。
早速観光と行きましょう。
新左營駅から台北に帰ります。
台北…寒っ!そして雨。

台北ではお邪魔になった荷物を預けます。
実は台北駅の東に1日50元で預かってくれる預り所があるので預けます。
今回は1泊2日なので100元です(後払い)。
コインロッカーより安いので便利です。この日は台北マラソンのせいか行列になってましたが。

預り証明書です。
27747370_1082479578558101_795996589265039704_o.jpg

そしてMRTを乗り継ぎ忠孝復興駅へ。
CIMG5333.jpg

台湾好きな方なら忠孝復興駅と聞いてすぐにピンとくるはず!
そう、九份です!千と千尋の神隠しですね。
私はすぐもののけ姫と間違えますが。

そこで金瓜石行きのバスに乗ります。
ちなみにタクシーで他人と4人で乗り合わせて行けば250元と高いですが、早く到着します。
乗合声掛けのおっちゃんもいます。別に詐欺ではないのでお金持ちはどうぞ!
CIMG5331.jpg

乗客は殆どが途中の九份で降ります。
ここでも悠遊カードが使えます。2割引きです!
確か100元もしないくらい。

九份への行きのバスはそんな滅茶苦茶混んでませんので大丈夫。
CIMG5253.jpg

揺られ揺られ、1時間半ほどで九份に到着。一斉に降ります。
見下ろす景色もさすが元金鉱の街。
CIMG5328.jpg

バス停から少し歩くとセブンイレブンがあります。
CIMG5327.jpg

今回は九份に泊まります。
民宿のスタッフさんが迎えにきてくれるとのこと。
連絡先は教えてもらっていたので、LINEで連絡すると…
しばらくして女性が原付で来てくれました。
「こんにちは~」
って日本語ペラペラです。

荷物を受付に持て行ってくれたので、こちらも受付へ向かいます。
それにしても寒い!
九份は標高も高く、雨で10℃そこそこの気温。
昨日の高雄の暑さが嘘のようです。

民宿の受付兼お食事処へ到着。
CIMG5326.jpg

お茶を頂きながら受付。
先ほどのスタッフさんは経営者のお嬢さんで、大阪に留学していたようです。
どうりで日本語が上手い訳だ。

ここのおススメは看板猫さんですね。
CIMG5324.jpg

その後寝床に案内してもらいます。
CIMG5318.jpg

中は…
CIMG5315.jpg

階段を上がると…結構広い。
CIMG5310.jpg

夜景を見る用のこんなベッドもありました!
CIMG5309.jpg

では、夜の九份に繰り出すことにしましょう。
良く写真で見るこの光景。これぞ九份。
CIMG5298.jpg

CIMG5304.jpg

色んな店がありますね。
CIMG5262.jpg

しかし…このあたりはまるで岡山県が誇る最上稲荷の商店街のようです。そっくり。
CIMG5263.jpg

CIMG5271.jpg

小籠包の店に行きましょう。
色々おススメの店を聞いていたので回ってみますか。
こちらの小師父という店。
CIMG5261.jpg

とても安くて多くて美味いとはこのことです。
肉を炒めてぶっかけるのはホントよく見かけます。
CIMG5258.jpg

次の目的地へ。
それにしても九份は日本人が50%くらいいるんじゃないの?
というくらいあちこちから日本語が聞こえます。
CIMG5267.jpg

九份老麺店にきました。
CIMG5265.jpg

左は漢方薬みたいな匂いのする肉麺(味は普通の美味しさです)
右は普通に美味しい(それしか表現出来んのか?)ワンタン麺です。
CIMG5264.jpg

そのうち騒がしい音楽が流れ…車がやってきました
CIMG5268.jpg

なんだなんだ?
と思って見ていたらゴミを回収…
CIMG5269.jpg

そして去って行きました…
結構観衆の好奇の目を集めていました。
CIMG5270.jpg

このお店は人気でしたね。しかしもうお腹がいっぱいです。
CIMG5272.jpg

最後に茶坊に行きましょう。
ここはやはり九份茶坊でしょう!
ここは完全に日本語が通じます。

お洒落喫茶でお茶を汲み汲み、お洒落なクッキーを頂く
その辺の店と較べて段違いに高いです。クレジットカードは使えます。
CIMG5273.jpg

CIMG5276.jpg

CIMG5275.jpg

CIMG5277.jpg

CIMG5279.jpg

CIMG5280.jpg

九份では茶坊以外は大抵19時には閉まります…
もうだいぶ静かですね。
CIMG5290.jpg

ちなみに九份の風景を撮るなら20時過ぎくらいが良いです。
大抵の観光客は九份に泊まらず、夜のうちに台北に帰ってしまうのでライバルが激減します。

さてそろそろ帰って寝ます…お休みなさい

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

翌日…
まだまだ雨は続きます。
そして寒い…

夜とは随分雰囲気が違いますね。
CIMG5313.jpg

CIMG5321.jpg

寂しいですが帰りましょう。
帰りのバスは夜は周りの乗客を突き飛ばして席を奪う修羅場ですが、朝は滅茶苦茶空いてます。

忠港復興駅から台北駅へ、そして桃園空港へ。

タイガー・エアなら岡山まで直行です。
CIMG5338.jpg

当初の「1位になる」という目標はすっかり影を潜め、まったりと帰ってきました。
韓国4位、マレーシア3位、台湾2位…いつになったら1位になれるのか!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

ジェル・補給・他アイテム

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー