なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

マレーシアのウルトラマラソン「PENANG ULTRA」を走ってきました!②

time 2017/10/04

まずは起床してホテルのバイキングで朝食。
見たことのないような野菜とかもありましたが、正直あまり日本と変わらずホッとしました。
ヨーロッパと違って米や野菜もあるしね。

24312707_1037793213026738_1793840673725969615_n.jpg

これはなんでしょうか…?
24774830_1037793343026725_81662594868067969_n.jpg

24312553_1037793286360064_5104284306798196396_n.jpg


面白いのは時間帯によって客層が変わること。
朝早くは白人が多く、時間が経つと中華系やマレー系の人が増えてきます。

もうお腹一杯です。
では受付会場のタウンホールに向かいましょう。
10時から受付開始ですよ。

ベイビューホテルから歩いて10分ほど。とても近い。
と言うか、受付(&スタート)に近いからこのホテルを選んだのですが。

着きました。
近づくとどうやらランナーっぽい人がウロウロしてます。

CIMG4773.jpg

仮設トイレも立ってます。
それにしても暑い。私は暑さには強い自信がありますが、ちょっと危ないくらいの気温です。

ウジャウジャ人がいるタウンホールに入ります。

24176681_1037793429693383_3611193219442174587_n.jpg

CIMG4775.jpg


凄い人口密度、あまりの暑さに気が狂いそうです。
コース別に受付と装備チェックがあるので、まずは100キロコースの受付に。
並んでるときに思いましたが、ランナーもスタッフもイスラム教の女性は頭から布を掛けるのだね。
日本のランナーもそうですが、マレーシアのランナーもみんな別の大会のTシャツを着てますね。
こんな暑い国でも色んなウルトラマラソンが開催されているようです。びっくり!

自分の番が来ました。
意気揚々とパスポートを見せ、エントリーリストから探してもらうが見つからない。
で、どうやらランナーIDと言うのがあってそれを教えろと…

…そんなもの知らない。困ったな。

携帯電話、携帯電話と言うので見せたら「No」と言われ…
送ったメールを見ろと。
そう言えば大会から何通かメールが来たけど英語なので訳すのが面倒で放っておいたっけ。
探してみたらメールの最後の方にランナーIDが載ってる!

それを伝えたら見事自分のゼッケンが見つかりました。
相当列を詰まらせてしまいましたが、後続のランナーもスタッフの方も嫌な顔一つせず…
またマレーシアの良いところを見つけてしまいましたね。

次は装備チェックですが

CIMG4776.jpg

①反射板
②ヘッドライト
③チカチカライト
④携帯電話
⑤エマージェンシーシート
⑥エマージェンシーホイッスル
⑦エイドキット
⑧水1リットル(自分はヴァームウォーター2本にしました)
の8点必要です。
このあたり、トレイルする人なら大抵持っていますが、私は反射板のみ持ってなかったので買って持ってきました…
でも今回の参加賞が反射板でした。なんじゃそりゃ。

こちらのチェックは完璧に用意していたためあまり喋る必要もなくすんなりクリア。
ジェルや色んな装備品も売っていたので見ても良かったですが、あまりの暑さに外に逃げました。

24174599_1037793453026714_5985579680205818843_n.jpg

まあ、外も暑いのですがね。
とりあえずゼッケンゲットしてホッと一息。

CIMG4777.jpg

少し観光してから帰ることにします。
昨日の観音寺を通り、

CIMG4780.jpg

マハ・マリアマン寺院を通り、

CIMG4781.jpg

まずはカピタン・クリン・モスクへ。
私、モスクに入るのは生まれて初めてでございます。

CIMG4782.jpg

日本語の案内もあります。

CIMG4784.jpg

ここも日本語話せる受付の人がいて、礼拝所には入らないように注意されますが写真は撮ってもいいようです。
ここは風通しがよく結構涼しい。

続いて、クー・コンシー。
地球の歩き方によるとペナン最高傑作の中国寺院だそうです。

CIMG4795.jpg

CIMG4798.jpg

CIMG4803.jpg

CIMG4804.jpg

クー一族の歴史っぽいのが紹介されていますが、英語なのでそんなによくは理解できませんでした(悲)

ドリアンアイスとトウモロコシアイスが売っていたのでチャレンジしましたがいまいち。
売り場のおっちゃんがとても親切そうな人だったのでつい…

CIMG4809.jpg

ヤップ・コンシーを通り
CIMG4790.jpg

アチェ・ストリート・モスクを見ながら中国人街へ
CIMG4792.jpg

モスクの近くにアート発見。
猫~。
CIMG4793.jpg

その後中国人街を通ってホテルに帰りました。
それにしても「アートの街」というわりに今のところあんまりアートに出会わない…
猫だけですね(=^・^=)
マラソンが終わったら探してみることにします。
なおジョージタウンの西側の中国人街はあまり怪しげではありません。
CIMG4812.jpg

逆に東側は怪しさ満開ですね。
夜は近づけません!

さて、ホテルに帰って3時間程仮眠します。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

クーラー効きすぎで寒いですがよく寝れました。
ホテルのエレベーターで走る格好をした3人組と遭遇!
「100キロ走るの?」
と聞かれたので
オフコース!!!
と言ったら
「私たち2人は50キロだけど、彼は100キロだよ」
グッドラックイーチアザーとか適当に言ってみるが、何となく通じたようです。
「Where?」
日本と答えると
「Good luck Japanese runner!」
と言われました。爽やかー

では会場に行きましょう。

タウンホールに向かう途中…

CIMG4815.jpg

矢印を発見!
さすが、スタッフさん仕事が早い。
ただ、実際100キロの間でどれだけ設置してくれているのかは未知数ですが。

そして、トイレも発見!
途中どれだけあるかなあ…
CIMG4816.jpg

おお、いるいるランナー達。
CIMG4820.jpg

荷物預けもしています。
ゴール、すなわちここと中間地点行きです。
ホテルが近いのでゴールの預けはしませんが、中間地点へは預けます。
CIMG4822.jpg

まだ人が少ないのでゲートの下で記念撮影。
はたして1位になれるでしょうか。
CIMG4818.jpg

では準備を始めます。
反射板を装着しますが、なんだか鬱陶しいです。
自分はいつもかなりの軽装で走るのでストレスになりそうです。
また水1リットルと携帯電話とWifi(かなり重い)と相当な重量です。
なんだか嫌な予感がしますね。
そして暑い…もちろん昼よりはましですが(^_^;)

反射板はしっかり光っていますね。
CIMG4826.jpg

そうこうしてたらそろそろ始まりそうですよ。
と、思ったら…
24301162_1037793559693370_3741121603213418073_n.jpg

獅子舞(?)もどきのような踊りが始まりました。
24296550_1037793636360029_4263285257410252515_n.jpg

CIMG4835.jpg

やはりペナンは中華系の文化なんでしょうね。
荷物預けやスタート前のイベント、大会情報の通知など結構しっかりしていて日本の大会に近いと思いました。

さあそろそろ本当にスタートです。
整列しましょう。
先頭から飛び出してロストしてはいけないので、我慢して前から2番目に並びました。
報道陣が並びます。うーむ、島の大イベントなんですね!

24176744_1037793776360015_7938433324292350777_n.jpg

さて、いまさらですが「PENANG ULTRA」のおさらいです(ヲイ)。
マレーシア第二の都市、世界遺産のタウンホールを出発し、ペナン島を時計回りに1周します。
エイドは9か所。
それだけでもかなり苦しいですが、これも多くのウルトラと同じように後半が厚いため前半僅か3つです。
特に第1エイドから第2エイドの間は16キロ!!!
計画的に走らないと潰れる予感がします。ホントに優勝出来るの???

80キロ過ぎからペナンヒルを750m上ります。
10キロで750mとかならなんとか上れるかもしれませんが、4キロで750mです!
絶対走れません。なんとか早歩きで進むしかありませんね。
折り返しの下りもきつそうです。無茶をすると最後走れない可能性があります。

ただ、温存しすぎてペースを抑えても逆に辛い気がします。
どうしたものか…

ちなみに全エイドの距離と制限時間が記載されたリストバンドを貰えますので、ランナーはそれを付けて走ります。
CIMG4814.jpg

いろいろ考えていたらカウントダウン!
マレー語かと思ったら英語でしたね。

さあ、頑張りましょう!


down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

ジェル・補給・他アイテム

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー