なまけものウルトラランナーの冒険

練習嫌いなランナーが100キロウルトラマラソンサブ10、サブ9を達成!調子に乗ってサブ8を目指します!

台湾のウルトラマラソン「高雄山城100KM超級馬拉松」完走記①

time 2017/12/22

CIMG5305.jpg


大家好!

今回の報告は2017年12月16日に参加した、「高雄山城100KM超級馬拉松」のレポートです。
バラバラの記事を再編集しました。

この大会、何故漢字がこんなに続くのかと言いますと、なんと台湾の大会だからです!
マレーシアに引き続き、海外の100キロマラソン。

ホント懲りないですねー、という皆さんの心の声を無視しつつ、また行ってまいりました。
マレーシアでは惜しくも3位だったので、今回は1位を取りたいものですネ。

さてこの大会、実施は12月16日、記念すべき第1回の大会です。
なんと翌日には日本でも大人気の大会、台北マラソンが実施されます。
しかしそんなことはどこ吹く風、自分は自分の道を進みましょう!

そしてこの大会の開催はなんと高雄(ガオシュン)郊外で行われるのです。
高雄は台北よりかなり南に位置する台湾第2の大都市です。

コースは32キロまでじわじわと標高200mくらい上り、そこから40キロ地点まで400m一気に上ります。
まあイメージとしては上り始めが20km後の四万十ウルトラみたいなものですね。あちらは10キロ過ぎから20キロまで500mくらい上りますので…
そこから70キロまで下り基調。70キロで100mくらい上って下り、あとはほぼ平坦です。
正直あまり得意なコースではありません。まあ走りきれるとは思いますが^^

実は元々は1周前の12月9日に台中(台湾中部の都市)のド平坦な大会にエントリーしていたのですが…
この大会が4月に実施を延期してしまうというハプニングが発生。
エントリー開始前ならともかく、人にエントリーさせておいて自己都合で延期だの、日本では考えられません。
暴動が起きますね(=゚ω゚)ノ
飛行機もホテルももう予約してるのに、どうすんだ?
というか、もう仕方ないからマラソン抜きで観光だけにしようか…

と、思っていたところに救世主!
1週後になんと別の大会が開催されていることを知る。
アップダウンはきつそうでしたが、この際そんなことは言ってられません。
比較的エントリーを早く締め切る台湾の大会ですが、この大会はギリギリでしたがエントリー可能でした。
という訳でこちらに出場することに決定。

飛行機も変更手数料は掛かりましたが、被害は最小限で済みました。(ホテルはまだキャンセル可能でした)
せっかく手に入れたこのチャンス、是非1位を取りに行きましょう。

ちなみに今回のエントリーは「台北ナビ」さんに代行してもらいました。
今まで韓国もドイツもマレーシアもなんとか自力でエントリーしてきましたが、それは英語のサイトページがあったからこそ。
中国語のエントリーサイトは大まかには何となく分かるのですが、細かい記載の意味が全く分からず…
潔く代行をお願いすることにしました。
ちなみに私、大学の第二外国語で中国語を選択していたんですが…
やはり大学で習う北京語と台湾の中国語は異なるんですね。
うん、きっとそうだ!
しかし、大会延期とかなんとかのゴタゴタで本当に助かった…
自力でエントリーしてたら延期の連絡が来ても意味分からなかったかもしれませんね。

今回のスケジュールは…
12/14夜 関西国際空港発(バニラエア)
12/15深夜 台湾桃園空港着~MRT(地下鉄)で台北へ~台北ナビさんでマラソンキットを受け取る~高鐵(ガオティエ・台湾番新幹線)で左營駅(高雄)へ~宿泊
12/16早朝 左營駅から大会シャトルバスでスタート地点へ(スタートとゴール同じ)
12/17 高鐵で台北へ~バスで九份へ 宿泊
12/18 バスで台北へ~MRTで桃園空港へ~桃園空港発(タイガーエア)~岡山着

ウーム、今回も完璧な計画ですね。
大人気の観光地・九份に立ち寄るのも高ポイントです!

果たして今回はどうなってしまうのか?

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

…では前前日の12月14日、新幹線で岡山から関空へ。
22時40分の桃園行きに乗りますが、夜中なのにバニラエア、なかなか混雑してますね。
9月にペナンに行ったときも同じくらいの時間でしたが、シンガポール航空はめっちゃ空いてました。

台湾行きは何となく海外って感じがしませんね。
気持ち的にも国内旅行と同じ感覚です。荷物も少ない…いつも以上に。

そしていつもどおりグローバルWifiを借りて、何事もなくスムーズに出国手続き完了。
出発してしまえばあとは寝るだけ。LCCですからね。

3時間もかからずに台湾・桃園国際空港へ到着!
荷物を受け取り、両替をします。
2万円分両替しましたが両替屋さん、夜中でもやっているんだね。

さて、空港ロビーへ。
CIMG5155.jpg

一度台北に出たいのですが、MRTの始発は6時です。
タクシーならすぐに行けますが、行っても台北で朝まですることがありません。

と言う訳で空港の待合所みたいなところにソファーを見つけたので、そこで仮眠します。
電源も自由に使って良いので携帯も充電します。
そういえば台湾はコンセントプラグが日本と同じA型なので楽ですね。
ドイツはC、マレーシアはBFでした。
さて、寝心地はよくないものの爆睡し(同じような旅行者がたくさんいました)、6時に起床。

MRTの駅まで案内が出ているので、そちらへ向かいます。
CIMG5157.jpg

さすがに朝早いので人もあまりいません。
CIMG5159.jpg

MRTの入口に到着。切符の自販機があります。
CIMG5160.jpg

しかし、海外でお馴染みの大きなお札が使えない事件が発生!
しかし、よく見たら両替機がすぐ側に設置されていました。
さあここで切符を買っても良いのですが、ちょっと便利なものがあるのでご紹介しましょう。

これです。悠遊カードです!
CIMG5351.jpg

これは現金をチャージしておけば、MRTやバス、台湾鉄道(高鐵以外)で自由自在に乗れるという優れ物。
日本でもスイカやイコカなどがありますね。
ただしこちらは多くの交通機関が2割引きになる上、台湾全土を網羅しています。
桃園で買いましたが、もちろん台北や、なんと高雄のMRTでも使えます。

と勢いよく紹介しましたが、何故かこの空港線は2割引きになりません。゚(゚´Д`゚)゚。

まあ良いでしょう。改札をくぐります。
CIMG5163.jpg

ウーム、この駅の造りが日本とそんなに変わらない気がする。違和感無いね。
早速ホームへ。日本の地下鉄と似てます。
CIMG5166.jpg

車内も特に違和感なし。緊張感もまるでなし。ドイツの電車に乗ったときはビビりまくってたのにね(笑)
CIMG5168.jpg

どうやら快速と普通列車があるようです。私が乗ったのは普通列車でした。
なぜなら、快速があるとか知らなかったからです^^
CIMG5171.jpg

だいぶ台北に近づいてきました。
大きな公園です。ランニングしている人もたくさん見えました。
CIMG5172.jpg

台北へ到着。高鐵のホームに向かいます。
広すぎてはっきり言って遠いです。
CIMG5176.jpg

高鐵の窓口で3日間乗り放題パスをゲット。
これは外国人限定で高鐵を何回でも乗れるという優れものです。
台北〰終点の高雄まで往復するだけで既に普通に買うより安いです。
指定席にも追加料金なしで乗れます。ただし窓口で予約は必要です。
そして、パスを買うには前日までに予約しておかなければいけません。私はネットで予約しておきました。

さて、これで一安心。
朝ごはんを食べに行きましょうか。
台北駅から1つ隣の善導寺駅へ。
CIMG5182.jpg

地上に出ると変わった形の寺がありました。これが善導寺らしい。
CIMG5183.jpg

駅からすぐのビルの豆乳で有名なお店に。名前は忘れた(ヲイ)
っておい、ビルの外まで行列が溢れてます。

やっと中に入る。疲れた。
CIMG5186.jpg

厨房も見えますよ。フラッシュ禁止です。
CIMG5187.jpg

メニューは番号で伝えます。英語でもOkですが、紙に書いて渡すのが最も確実です。
この店に限らず、台湾はあまり英語が通じません。その一因には私の英語の拙さもありますが。
CIMG5189.jpg

揚げパンに豆乳スープ。はっきり言って美味いです。
CIMG5191.jpg

そしてこちらが…
CIMG5190.jpg

なんと揚げパン入りおにぎり!!!
美味しいですがちょっと重すぎますね~
CIMG5194.jpg

それにしても平日(金曜)の朝っぱらから何故こんなに人が多いのか?
CIMG5193.jpg

お腹一杯なのでそろそろ台北ナビさんに向かいましょう。
台湾の観光と言えば中山駅付近がメジャーですが、ナビさんもそのあたりにあります。

レンタサイクル発見。岡山の「ももちゃり」を思い出します…
CIMG5198.jpg

何だか西洋風な風景ですね。ペナン島みたい。
CIMG5199.jpg

9時半ごろ台北ナビさんに到着。
CIMG5200.jpg

こんにちは~、と入るが誰もいない…
何故だ、なんか営業してる感が無い…
よく見たら10時からの営業でした。ごめんよ。
しかし出てきたスタッフの方は気持ちよく対応してくださり無事ゼッケン他諸々をゲット。
ありがとうございました!

中山駅からMRTで台北駅に帰ります。
台北の景色は博多みたい、と聞きますがなんかその通りでした。
悠遊カード、やっぱり便利です。
CIMG5202.jpg

高鐵のホームへ。
高鐵パスを使う場合、自動改札ではなく駅員さんにパスを見せます。
その際パスポートも一緒に出さないといけません。かなり厳重です。

そしてやってきた。高鐵・ガオティエ!
かっこいい、が日本の新幹線と色以外そっくりです。
CIMG5206.jpg

内部までそっくり。
CIMG5208.jpg

それもそのはず、高鐵の設置は日本のJRが全面協力しているのです。
因縁の台中を過ぎ、台南も過ぎ1時間半ほどで終点の左營駅(高雄)へ到着!

左營駅に降り立ちます。とうとう来たよ高雄!
CIMG5209.jpg

つづく!


down

コメントする




くだらない考察

ウルトラマラソンとシューズ

ウルトラマラソンの走り方

自己紹介



アーカイブ

カテゴリー